ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西島隆弘 八方塞がりで前に進めないような人に本気で恋する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大きな憂いのある目と魅惑の厚い唇があいまって、この人にしかない独特の色気は、どこからくるのだろう。

「ネガティブなので、落ち込む要素がひとつあると、ぼくの場合はそれを10倍か20倍くらいにしちゃう。たぶんそこしかないと思います」

 そう話すのは西島隆弘(29才)。1月からの月9ドラマでは、父親を超えられずにもがく青年を演じる。

「朝陽(役名)は、いつか報われるだろうと思って努力してきて、結果報われずに壊れていくんだけど、ぼくからすると、ちょっと粘り足りなかったんじゃないかなって。怖いものが多すぎて、そのことに耐えられなくて恋愛に逃げてしまうところは共感できますね」

 本気で恋をする女性はどんな人?

「八方塞がりでどうしたら前に進めるのかわからない、みたいな人を見ちゃうとほっとけなくなる習性があるらしいです。どうにかして満点の笑顔にしてあげたいって。でもそういう人とは、結婚は絶対したくないなぁ(笑い)」

【プロフィール】
西島隆弘(にしじま・たかひろ)1986年9月30日生まれ、北海道出身、身長170cm、O型。男女7人組音楽グループAAAトリプル・エーのメインボーカルで、“Nissy”としてソロデビューも果たす。ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系1月18日スタート)では、父親との確執に悩むセレブな青年役を演じる。

撮影■小林ばく

※女性セブン2016年1月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
70歳男性 振る舞い方次第で女性は「向こうからなびいてくる」
胎内記憶 「父親を選んで生まれてきた」という子いない理由
中谷美紀の白くて柔らかそうなナマ脚に悶えちゃいますね

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。