ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菊池桃子 同世代に「まだいける」と思ってほしいから勉強続行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年の干支は申。昨年、一億総活躍国民会議の民間議員に選ばれた菊池桃子(47才)も昭和43年生まれの年女だ。そんな菊池に今年の抱負を聞いた。

 * * *
 2015年は一億総活躍国民会議の民間議員にも選ばれ、芸能ニュース以外でも取り上げられる機会がたくさんありました。

 娘の障害をきっかけに大学院でキャリア論を学び、今もずっと大学の研究室で勉強を続けていますが、どうも私は学ぶことが好きみたいで(笑い)。でも同世代のかたがたも「菊池桃子が勉強しているんだったら、私もまだまだいけるんじゃないか」って思ってもらえるんじゃないかなとも思っています。

 私も同年代の女性たちから美容、教養、仕事などさまざまな影響を受けているので、私自身も内面、外見ともに磨いていきたいです。あとは長男が今年、成人式を迎えるので、一緒に家族写真を撮りたいですね。

撮影■木村直軌

※女性セブン2016年1月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
甲子園地方大会で珍事件 「スタメン9人中7人が『菊池』」
初著書で自身の半生振り返る菊池桃子 お渡し会でファン交流
菊池桃子 離婚のウラに元夫・西川の周りにちらつく「女の影」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP