ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲーム感覚で学習!プログラミングを義務教育化した国発のアプリ「CodeMonkey」が日本上陸!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全世界累計ユーザー数、130万人。子どもから大人まで、世代を超えて愛される大人気プログラミング学習ゲーム「CodeMonkey(コードモンキー)」が、いよいよ日本に上陸する。

「CodeMonkey」は、サルのモンタを主人公に繰り広げられるオンラインゲーム。このモンタをプログラミングで操作しながら、コーディングを練習していく。

・ゲーム感覚で楽しみながら学習

物語は、モンタがゴリラにバナナを奪われてしまうところから始まる。それを取り返すため、友だちのカメやヤギと協力して、さまざまな障害物に遭遇しながら、バナナを獲得していく。

バナナ奪還のためのコマンドは、すべて “コード”で表現しなければならない。問題点と解決策を素早く見つけ、関数や繰り返し処理を使って、モンタに指示を出しているうち、自然とプログラミングの基礎が身に着くようになっている。

無事にバナナを勝ち取ることできれば、ミッション達成。晴れて、次のステージに進める。楽しみながら実践的なテクニックを学べるところが、このシステム最大の魅力だ。

・プログラミング先進国イスラエルが開発

これまでプログラミングは、IT分野でも特に高い技術とされ、初心者にはなかなか手が出しにくいものと言われてきた。

しかし、急速なグローバル化とテクノロジーの発達に伴い、近年は子どものうちからテクニックを学ぶ必要性に迫られている。

「CodeMonkey」の開発元は、イスラエルのスタートアップ企業。同国では15年前からすでに、プログラミングを義務教育に取り入れている。有能なプログラマーを、数多く輩出した国ならではの知見が、本作いっぱいに詰まっているのだ。

商品の発売予定日は、1月13日。現在、Amazonにて、先行予約販売受け付け中。価格は5.040円。プログラミングに興味のある人、トライしてみてはいかがだろうか。

CodeMonkey

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP