ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IA&ONE、アニバーサリーイベント開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2012年1月27日に歌声合成ソフトウェア「IA -ARIA ON THE PLANETES-」が発売され、間もなく生誕4周年を迎えるボーカロイド発のヴァーチャル・アーティスト、IAのアニバーサリーイベントの開催が今年も決定。昨年の1月27日にはARIA ON THE PLANETESシリーズ第2弾ソフトウェアとして「ONE -ARIA ON THE PLANETES-」が発売されており、今年はIA&ONEのダブルアニバーサリーとなる。

2015年、IAは世界をまたにかけて活躍。アメリカはロサンゼルスとニューヨーク、イギリスはロンドンでライブ出演を果たし、日本国内でも9月に赤坂ブリッツにて初ワンマンライブを大成功におさめた。

ONEはその高いソング&トーク性能を活かしてTV番組MCを担当したり、IAライブ公演にゲスト出演したりする等、その活動範囲を徐々に拡げている。

発表された記念イベントは「IA & ONE ANNIVERSARY PARTY!! -SPECIAL TALK & LIVE-」と題され、東京・南青山Future SEVENにて1月27日(水)に開催し、ニコニコ生放送で配信される。現時点で、ゲストにナナホシ管弦楽団、松下、Lia、out of survice、MCとして事務員Gの出演が告知されている。イベントは3部構成になっており、第1部と第3部はゲストによるトーク&ライブ、そして第2部では、昨年9月に赤坂ブリッツにて行われたIA国内初のワンマンライブ「IA First Live Concert in Japan -PARTY A GO-GO-」のライブ上映会を行い、会場限定で7.1chサラウンド音響にて全演奏曲を初披露する。また、毎年アニバーサリーイベントでは重大発表などもあるため、今年も新しい発表が期待される。

また、人数限定のイベント入場チケットの券売もスタート。1st PLACEのオフィシャルショップ「HACHIMAKI SHOP」から購入が可能。イベント会場限定ノベルティが購入特典として付属し、さらに先行入場・プレミアムシート席・HACHIMAKI SHOP特製IA福袋プレゼントのオプションが付いたプレミアムチケットも販売されている。

第2部のライブ上映会は1st PLACEのニコニコチャンネルでの有料配信が決定しており、近日中に視聴チケットが販売開始予定。また、第1部と第3部のトーク&ライブはニコニコ公式生放送で同時中継されるので、当日会場に行けない人も是非チェックしたいところだ。

イベントの最新情報は新たに公開となったIA&ONEアニバーサリー特設サイトにて今後も随時更新予定。イベント以外のスペシャルな企画も今後展開される予定とのことなので、IA&ONEのダブルアニバーサリーの今後の盛り上がりに期待したい。

■IA オフィシャルHP 
http://1stplace.co.jp/artist/ia/
■ONE オフィシャルHP
http://1stplace.co.jp/software/cevio

『IA & ONE ANNIVERSARY PARTY!! -SPECIAL TALK & LIVE-』
1月27日(水) 東京・南青山Future SEVEN
OPEN 18:00 / START 19:00
【出演者】
司会:事務員G
ゲスト:ナナホシ管弦楽団/松下/Lia/out of survice (敬称略、順不同)
【公演内容】
第一部:トークセッション
第二部:ライブ上映会「IA First Live Concert in Japan -PARTY A GO-GO-」
※2015年9月19日に赤坂BLITZで行われたIA国内初のワンマンライブの上映会。
※7.1chサラウンド音響による大迫力のサウンドでの上映。
第三部:トーク&ライブセッション

<ニコニコ生放送>
イベント第1部”トークセッション”と第3部”トーク&ライブセッション”をニコニコ公式生放送で同時中継予定。近日中に番組URL公開&タイムシフト予約開始予定。
※イベント第2部”ライブ上映会”のみ、1st PLACEニコニコチャンネルでの有料放送
※イベント第2部の視聴チケットは、近日中に販売開始予定

■IA&ONE Anniversary 2016 特設Webページ
http://1stplace.co.jp/works/specialized/ia_and_one_anniv_2016/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP