体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディズニー作品の舞台となった世界にまたがる「聖地巡礼リスト」がかなり難易度高めだった!【動画】

エンタメ
ディズニー作品の舞台となった世界にまたがる「聖地巡礼リスト」がかなり難易度高めだった!【動画】

アニメやドラマの舞台となっている場所を訪れる「聖地巡礼」は、ここ数年、旅行する理由の筆頭に挙げられるくらいブームとなっている。いま、ディズニー作品に登場する場所のモデルになった場所を考察した「聖地リスト」が人気を呼んでいる。

https://youtu.be/jEEH7MgHpGU

架空の世界とはいえ、ある程度実在の建物などもヒントに作られているディズニーの世界。

『眠れる森の美女』のお城は、ドイツのバイエルン州にあるノイシュヴァンシュタイン城。

『美女と野獣』の村のモデルは、フランスのアルザス地域圏の古い町並みをモデルにしている。

『塔の上のラプンツェル』のコロナ王国は、世界遺産でお馴染みのフランス・ノルマンディー地方のモンサンミッシェル。

『カールじいさんの空飛ぶ家』のパラダイスの滝のモデルは、ベネズエラ、ギアナ高地にあるエンジェルの滝。

『アラジン』のタージ・マハールはそのままインドのタージ・マハール。

『ムーラン』の城は紫禁城。

『ノートルダムの鐘』はノートルダム大聖堂。

…と、世界的にも定番といえる観光地が舞台になるケースも多々あり、時には緻密に再現したり作風に合わせてディフォルメしたりと様々だ。

マイナーなところだと、

『ラマになった王様』の村は、かなり丸っこい形にしているがマチュピチュの遺跡。

『リトル・マーメイド』のお城はスイスのレマン湖畔にあるシヨン城。

などがあり、

『シュガー・ラッシュ』のゲーム・セントラル・ステーションのモデルがニューヨークのグランドセントラル駅というのは、名前でピンと来る人以外は聖地探しに一苦労しそうだ。

https://youtu.be/luF_72IphW4

また、このリストには入っていないが『ベイマックス』のサンフランソウキョウは、名前の通り、東京都内の新宿西口、歌舞伎町界隈や、渋谷と坂道の多いサンフランシスコの街並みをマッシュアップしたもの。

中には原型をわずかに残しつつ、すっかりディズニー風味にアレンジされている場所もあり、攻略するためには世界中を回らなければならないという高難度な聖地揃いだが、名作の舞台を1つ1つ攻略しながら「将来の海外旅行で訪れる予定リスト」に加えてみるのも良いかもしれない。

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会