ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

時間がないビジネスマンにオススメ!アクセスが良い旅行スポット10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは!yutamukuです!毎日遅くまで頑張っているビジネスマンの皆様お疲れ様です!

仕事は難しければ難しいほどやりがいがあるのですが、最近はパソコンやスマートフォンの普及に伴い、コンピューターの画像を凝視する機会が増えてしまい、バリバリと働けば働くほど、眼が疲れてしまったり、肩こりになってしまったりしますよね。

 

あまりに頑張りすぎてしまうと、その他にも体の具合が悪くなってしまいますよね。そんな時は、思い切って海外旅行にでも出かけてリフレッシュしてみませんか?気分を一新すると、次の日からの仕事を新鮮な気分で取り組むことができますのでおススメですよ。

そこで、今回は日頃お疲れのビジネスマンにおススメの海外旅行先についてご紹介したいと思います。

 

サイパン/北マリアナ諸島

photo by Kai Kuchiki

まず、最初におススメしたいのは南の島であるサイパンですね。サイパンは日本からも非常に近いですので、忙しいビジネスマンでも少し時間が空いた時に遊びに行くことができますので非常におすすめのスポットとなっております。

とっても海がきれいですので、是非ダイビングに挑戦をして、ウミガメやイルカと泳いでほしいです。

 

九份/台湾

photo by pixta.jp

九份はジュウフェンと読む、台湾北部の町です。ジブリ映画の千と千尋の神隠しのモデルになったとされる町の一つであり、非常に情緒あふれる街並みです。また、屋台が豊富であり、様々な台湾の素晴らしい料理を食べることができるので、美味しい食べ物で胃袋を満たしましょう。

 

バリ島/インドネシア

photo by pixta.jp

インドネシアのバリ島は南の島ですので、青い海で思いっきり泳ぐことができますし、それだけではなくバリ島の内部には歴史的な仏教寺院が多くありますので、歴史に興味のある人にとっても非常に楽しむことができる島となっております。

 

プーケット/タイ

photo by Nicolas Vollmer

タイのプーケットもバリ島と同様にオリエンタルの雰囲気と南の島が融合した島であり、色々と欲張りたい忙しいビジネスマンにはピッタリの海外旅行先となっております。

透明度の高い海で泳ぐだけでなく、寺院などの歴史的建物を見学した後は、プーケットの美味しいシーフード料理に舌鼓をうって、身も心もリフレッシュしましょう。

 

シンガポール/シンガポール

photo by Leonid Yaitskiy

シンガポールはちょっと独特なのですが、英語も通じる国ですので初めての海外旅行でも比較的敷居の低い海外旅行先となっております。

有名なマーライオンを始めとする観光スポットのほか、3棟のホテルに連なる、空中庭園の「サンズ・スカイパーク」のあるマリーナベイサンズなど、見所のある観光スポットやホテルがたくさんあります。

 

ウルル/オーストラリア

photo by Corey Leopold

少し遠いのですが、オーストラリアのウルルは自身の世界観を大きく覆すのにおススメのスポットとなっております。

エアーズロックの別名であるウルルは先住民族のアボリジニの聖地となっており、それを目の前にすると非常に荘厳な風景に圧倒されてしまいます。肥後ルの疲れなど忘れてしまうほどの素晴らしさです。

 

ウランバートル/モンゴル

photo by canorus

モンゴルの首都であるウランバートルはその首都特有の都会らしさがあるのですが、少し郊外に出ると遊牧民のゲルがあるような大草原が目の前に広がります。

そこでは、レベルに合わせた乗馬を体験することができ、果てしない大草原を駆け巡ることができます。ただし、モンゴルの冬はかなり寒いので夏場に行くことをお勧めします。

 

オークランド/ニュージーランド

photo by Kiwi Tom

ニュージーランド最大の都市であるオークランドは少し郊外行くとたくさんの羊を見ることができたり、海での様々なアクティビティを体験することができます。

特におすすめなアクティビティは、オークランドのスカイタワーの高さ192mの高さのバンジージャンプです。ぜひ、大きな声を出して日頃のストレスを発散させてください。

 

北京/中国

photo by ^Joe

日本からとっても近い中国は忙しいビジネスマンにもおすすめの観光スポットです。非常に広い国土を持っているので、どこに行ったらよいか迷ってしまいますが、そんな中国初心者であれば北京をお勧めします。

郊外に出ると多くの歴史的建造物や自然を見ることができる北京はとりあえず中国を満喫したいのであれば、まず言っておきたいスポットと言えるでしょう。

 

マカオ/中国

photo by shutterstock

中国のマカオは中国でありながらかつてイギリスの植民地であったことから西洋文化が非常に溶け込んでいる地域です。このマカオで必ず行っておきたいところはカジノですね!是非皆さんの勝負運を試してみてはいかがでしょうか?でも、くれぐれも熱くならないようにしてくださいね。

 

どこに行ってみたい?

さて、今回はビジネスマンにおススメの海外旅行先についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

どの地域も比較的アクセスが良いところですので、忙しいビジネスマンでもおすすめの地域ばかりです。是非、疲れたなと思ったときは今回ご紹介した地域に足を運んでみてはいかがでしょうか?きっと素敵な思い出を作ることができると思いますよ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP