体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2015年8月オープン!那覇空港から車で15分のリゾートアイランドに潜入!

ウミカジテラス

取材やプライベートで年に4、5回は沖縄を訪れる、沖縄大好きなライター小宮です。今年は3、4、6、8、9、11月と、すでに6回。今のところ2ヶ月に1度の割合で訪れています。頻繁に行っている沖縄ですが、いつ訪れても毎回新しい発見があるんです。

さて。今回は8月にオープンした『瀬長島ウミカジテラス』へやってきました。

沖縄の新名所です。ワクワクドキドキ。どんな感じなのかな〜。

瀬長島と言えば、那覇空港から一番近い離島。橋が繋がっているので、車で気軽に行ける離島として、ドライブコースやデートスポットとして人気のエリア。

私も去年、ドライブで瀬長島に行った時は「建物があんまり建ってなくって、飛行機が間近に見える穴場の場所だ!」という印象。でも『瀬長島ウミカジテラス』に行ってみてその印象は一転。島の中に突如、真っ白いリゾートタウンが出現。まさに海外リゾート地!

早速車を停めて、突撃取材スタート!

ウミカジテラス

青空の中にパーンと映える『ウミカジテラス』。階段も建物も、一面真っ白!日射しが照りつけて、眩しい。

周囲約1.8km。標高33m。小さな瀬長島の西海岸に誕生したリゾート施設。斜面に佇む白亜の町並は、まるでギリシャやイタリアの地中海リゾートみたい!

白亜の建物が真っ青な空と海の中に映え、ウミカジ(海風) が心地よく吹き抜ける。

ウミカジテラス

約7300m²と広大な敷地にレストランやカフェ、雑貨店など全32店舗が集結。斜面に沿って佇む白亜の町並み。何回も書くけど、ホントに海外のリゾートみたい!

ウミカジテラス 斜面に沿って段々状にショップが並んでいる ウミカジテラス

各店舗の前にはテラス席も。海と空と雲がドラマチックな風景を描き出す。ココに居るだけで絵になるゥ〜。

1店舗目はココ。ランチにオススメ!「沖縄そば もとぶ熟成麺」

沖縄そば もとぶ熟成麺

お、おいしそう!看板メニューの「香ねぎそば」864円

沖縄そば もとぶ熟成麺

何でもコチラのお店は、本島北部・本部エリアにお店を構える居酒屋さん。お昼に提供している沖縄そばがあまりにも好評だったため、そば専門店を始めたんだとか。

特徴はなんといってもこの麺!独自の技術で熟成させた自家製の熟成麺。コシが強く、しっかりとした歯ごたえが特徴。

和風だしのスープは、少しコクがあって、熟成麺との相性もバツグン。

そしてこの大量のネギ!圧倒されちゃいますよね。実は本部は元々ネギの産地。50年の時を経て本部町でまたネギを作ろう!と。そのネギをたっぷり使ったのがこの「香ねぎそば」というわけ。香り豊かで、ネギの程よい風味がそばの好アクセントに。

沖縄そば もとぶ熟成麺
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。