ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

97才現役医師 オリーブ油入り特製スムージーで便秘知らず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本人の平均寿命は女性86.83才と3年連続世界1位(2014年 厚生労働省調べ)。でも、せっかく長生きしても、元気でなくちゃ意味がない。オーバー70の現役医師たちが実際にやっていて、簡単にマネできる健康法を聞いた。

 最も大切なのは、体の資本となる食事。食材の選び方はもちろん、摂り方にも独自の工夫があった。まずは、更年期治療や乳がんの早期発見啓蒙活動など、女性の診療に力を注ぐ婦人科医の野末悦子医師(83才)の食生活を紹介。

「筋肉のもとになるたんぱく質は、主に豆腐で摂ります。そのまま食べたり、おみそ汁に入れたり、飽きずに毎日食べられるでしょ」。

 週に1回、国産大豆にこだわった豆腐店で大豆製品をまとめ買いしている。

「麻婆豆腐には、すりおろしたりんごを入れています。消化もよく、抗酸化作用もあります。砂糖より果物で甘みを整えたほうが、カロリーも抑えられて健康的です」

 長寿で有名な黒海やカスピ海に挟まれたコーカサス地方発祥のカスピ海ヨーグルトを家庭で作り、毎日食べている。

「上澄み液の『ホエイ』は高たんぱくで低脂肪。美肌効果もあるので、おみそ汁に入れます」

 市販のヨーグルトでも、冷蔵庫に入れて一晩置くと上澄み液ができる。

「うなぎはビタミンB群が豊富で疲労回復の効果があります。抗酸化作用もあるので老化防止にいい。また、骨をカリカリに揚げた骨せんべいは、カルシウムが豊富なので、おやつ代わりに常備しています」

 だしを摂って薄味に。

「“だしをしっかりとれば、素材のうまみを感じるから薄味でもおいしい”と、故・鈴木その子さんに教えてもらいました。だしが効いているので、みそやしょうゆは少なめでOK。自然と減塩できます」

 続いては、医師歴72年。沖縄で開業し、現在週5日、毎日50人以上を診察。89才で末期の肝臓がんも克服した、あかみちクリニック院長の田中旨夫医師(97才)の健康法とは?

 野菜にはがんや高血圧、脳卒中、心筋梗塞を予防するビタミンやミネラル、食物繊維、ポリフェノールなどの栄養素が豊富。

「野菜の成分はそれぞれ違うので、栄養素を壊さないよう低温で煮たり、ココナッツオイルで炒めたりして、1日15種類以上摂るようにしましょう」

 ヨーグルトに含まれる乳酸菌には整腸作用があり、免疫力を強化する働きがある。

「ヨーグルトは冷蔵庫で冷やすと乳酸菌の活動が低下してしまいます。常温に戻してから食べるといいですよ」。

 特製スムージーにはオリーブ油を1杯プラス。

「ゴーヤーやトマト、ほうれん草や、庭で採れたよもぎ、あしたば、青パパイヤなど10種類以上の野菜を低温で加熱してから、ミキサーにかけます。スムージーにすれば消化吸収がよく、多くの野菜を効率よく一度に摂れます。さらに整腸作用のあるオリーブ油を1杯加え、私はこれで便秘知らず」

※女性セブン2016年1月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
しじみ900個分のオルニチンが入ったヨーグルト開発秘話
人気の塩ヨーグルト カイヤは4.6kg減で斉藤慶子は美肌キープ
フルーチェで作る 夏のさっぱりいちごアイスキャンディー

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP