ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

へそくりの貯め方 着実な500円玉貯金にオークションや懸賞

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全国の30~69才既婚女性200人を対象とした2015年カクサーチ調査によると、「へそくりがある・あった」人は6割以上。200万円以上も約1割という結果が出た。

 これまで、へそくりの財源といえば、そのほとんどが夫の収入だった。でも最近は、不用品の販売やポイントの活用で“お金を生み出す”ワザが増えている。そして、本誌が行ったへそくりに関するアンケートでもっとも人気があった貯めワザが“500円玉貯金”。

「500円玉があったら貯金箱に入れていただけ。3年でへそくり額は60万円を超えました」(63才・主婦)など、その手軽さが成功の理由に。

「500円玉はたった2枚で1000円。たまに入れるだけでもかなりの額に。500円玉がきつい場合は、100円以下の小銭でもOK。続けることが大切」とファイナンシャルプランナー山口京子さん。

「毎晩、お財布にある小銭を出して貯金箱に入れ、月末に銀行へ入金する習慣をつけたら、5年でへそくり額が80万円に」(56才・パート)

 小銭は抜いても、夫は気づきにくい。その上、節約を意識せず、気楽に続けられる。2つめは、オークションや懸賞によるプチ稼ぎ。不用品もへそくりの財源になる。

「古い子供服はネットオークションやスマホのフリマアプリ、リサイクルショップで売っています。服などを買った時にもらえるショップバッグや、ノベルティグッズも高く売れます。そのお金はもともとないお金として、へそくりへ」(35才・主婦)

 スマホを持っているなら、不用品を見つけた時に写真を撮っておこう。手続きはすき間時間にすれば、売り忘れることもない。また、懸賞やモニターで商品を当てるワザも。

「商品モニターを募集するサイトに登録し、化粧品をゲット。浮いたお金をへそくりに回しています」(60才・主婦)

 消耗品はタダで手に入れ、その分のお金をへそくりへ。

 3つめは、ポイントを活用する方法。クレジットカードの支払いや、ネットアンケートなどで貯めたポイントも活用したい。

「アンケートやモニターの謝礼で貯めたポイントを現金に換え、今ではへそくり額300万円に」(43才・パート)

 クレジットカードやポイントカードのポイントを生活費として使えば、家計からの予算が浮くので、節約なしでへそくりできる。ポイントは貯まったらこまめに使うこと。

「カードを何枚も持つとポイントが分散するので、枚数を絞って。ネットショッピングの際は、ポイントサイトを経由すると、普通に買い物するよりもポイントが貯まりやすくなりますよ」(山口さん)

※女性セブン2016年1月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
へそくりしている主婦の35.9%が100万円以上貯めている
夫が働かない主婦 へそくり200万円貯め離婚に踏み出す決意
「へそくり」 家計の収入が減れば減るほど増える傾向にある

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP