ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

就活生 「エレオク」に浮かれて本音が出ると痛い目に遭う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年度の企業の採用活動は活発という。そのなかで「エレオク」という言葉も生まれた。どう意味か。千葉商科大学国際教養学部専任講師の常見陽平氏が解説する。

 * * *
 就活生の間で「エレオク」という言葉が流行り始めています。面接などのあとに、エレベーターまで送ってもらう行為のことです。これは売り手市場化の影響とも言えますし、学生を判断する材料を少しでも手に入れたい企業の意地らしい努力とも言えます。

 まず現在の大学3年生を対象とした2017年度の就活の見通しについてご紹介します。2017年度は3月に会社説明会など採用広報活動が始まり、6月に面接などの選考が開始されます。今年も就活時期が見直され混乱の可能性は高く、すでにフライングやスレスレの行為をしている企業も見かけます。ただ、求人数に関しては昨年度に続き、売り手市場になりそうです。

 リクルートワークス研究所が2015年12月17日に発表した「ワークス採用見通し調査(新卒:2017年)」によると、民間企業の2017年卒の大学生・大学院生新卒採用の見通しは「増える」が13.4%、「減る」が4.2%と、「増える」が「減る」を9.2ポイント上回っておりました。売り手市場化が顕著となった2016年卒の「増える」と「減る」の差は8.7ポイントでした。採用意欲の高まりが感じられます。

 このような売り手市場の局面では、企業は学生に選んでもらうためにあの手この手の努力をします。豪華なホテルで会社説明会をする、選考通過のたびにメールではなく電話で結果を伝えラブコールを送る、豪華な内定者懇親会や内定者拘束旅行を用意するなどです。

「エレオク」もその手法の一つです。学生に対して、ちゃんと丁寧に接している、一人の大人として扱っているというアピールです。有名企業の人事がわざわざエレベーターまで送ってくれるのですから、学生は感激し、その企業への印象がよくなるわけです。

 もっとも、この「エレオク」ですが学生は「特別扱いしてくれた」と浮かれていてはいけません。企業はこの時の態度ややり取りも判断材料にするのですよね。面接室の中だけを選考だと思って気が緩んでいる学生はここでやられるのですね。ついつい本音が出たり、マナーの問題が出たりするわけです。

 ここでの立ち話で人事の若手に質問をする学生がいるわけですが、あまりにその内容がナメたものだったり、業界・企業の研究不足、本気度が足りないことなどが露呈してしまうと逆効果なわけです。学生はエレオクの際の会話も判断基準になっていると思ってください。

 もっとも、このエレオク、企業としてもリスクがあるのです。エレオクしている最中に、社内の様子や社員の会話などによって、会社の評判を下げてしまう可能性があるからです。また、エレオクはやればいいというわけではなく、社員のことがよく見られてしまうわけで、他社の人材と比較されてしまうのです。

 というわけで、就活は意地らしい努力の繰り返しなのです。学生も企業も。2011年から続いていたこの連載も今回で終了です。連載は終わりますが、新卒採用という未来をつくる素晴らしい行為と、行為としての就活の茶番も今後もウォッチし続けたいと思います。ご愛読ありがとうございました。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元葉山エレーヌ 「石田みゆき」へ改名願うも局員制止で断念
人事コンサルタント 外国人採用増にビビる必要ないと指摘
新卒採用 女の方が優秀だが「男に都合良い解釈」で男採用増

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP