ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【コラム】観光街から離れ、住宅街を旅することで発見できるもの

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ノルウェーの首都、オスロ。ムンクの叫びがある美術館や、夜な夜な賑わうパブが点在するメインストリート、カールヨハン通り近辺は言うまでもなく観光街。

しかし少し観光街を離れ、住宅街をふらふら散策していると、その国の暮らしぶりを垣間見ることができる。

住宅街にある公園のベンチに座り、ノルウェーの定番スイーツであるワッフルを食べていると、面白い光景に出会った。

休日だからか、地元の人々が次々にベビーカーを押しながら散歩にやって来た。それらのベビーカーを押しているのは、ほとんど男性。その光景に驚いた。

日本では男性一人でベビーカーを押す光景は、一昔前よりは増えてきたとはいえ、まだまだ少ない。社会福祉制度が整い、幸福度ランキングで常に上位のノルウェー。子育てを夫婦で手分けして行うことも、幸福度が高く充実した日々を送る秘訣なのかもしれない。

そんな暮らしぶりが見れるのは、住宅街ならでは。たまには観光街を離れ、目的を持たず地図片手にふらふらして見ると、新しいその国の一面が見れるはず。ガイドブックには載っていない本物の姿が。

旅の価値は無限大。ガイドブックを手放し、思い切って直感で歩いてみると、新たな旅の面白さを発見できるかもしれない。

文・写真:KANA (Instagram@xxxkanaaaa)(世界を飛び回るトラベルフォトジャーナリスト。人々の暮らしや世界観を写真と文で表現。多数のメディアで旅の連載を持ち、ガイドブックも手掛ける。)

この旅の関連旅行記

*KANA「【世界一美しい北極圏クルーズ】フッティンルーテンの幻想的な冬の船旅5日間!
*KANA「【ノルウェー・オスロ冬女子一人旅】お洒落な可愛いカフェ巡り&クリスマス満喫の旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP