ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芸能裏ネタ 羽生結弦と交際報じられた同級生、共に英語特訓

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 この年末年始も話題豊富な芸能・スポーツ界。注目のネタを3本ピックアップしてお届けします。まずは、ナインティナイン岡村隆史(45)がタモリ(70)の出待ちを敢行したという驚きのエピソードから。
 
 相方の矢部浩之(44)と青木裕子(33)夫妻のために、芸能界で話題となっているタモリの安産御守を贈ろうと、タモリ本人に直接お願いの電話をした岡村だったが、その時はつながらなかった。
 
 しかたなく岡村は、タモリが生出演する『ミュージックステーション』の収録終わりを狙って、テレビ朝日で出待ちを敢行。無事御守をゲットしたそうだ。

 続いては1月5日発売の女性セブン1月21日号で、高校時代の同級生との交際情報が報じられたフィギュアスケートの羽生結弦(21)。

 羽生と彼女のA子さんは高校時代からスポーツも勉学も目立った存在だった。そんなふたりがいま、一緒に取り組んでいるものがあるという。それは「英語の勉強」。
 
 高校3年生の頃からカナダを生活の拠点にしている羽生は、最初はコーチとのコミュニケーションにも苦労していたが、いまではインタビューもすべて英語で受け答えできるほどに上達している。
 
 そんな羽生に刺激を受けたというA子さんも、「ゆづるには負けたくない!」とアメリカに留学するなど、英語の勉強に励んでいるそうだ。
 
 将来は、夫婦で一緒に海外を飛び回るプロスケーター生活を夢見ているのかも?

 最後はココリコ・遠藤章造(44)の再婚発表。昨年12月25日に、関根勤(62)の元マネジャーの女性と再婚した遠藤。年明けには自身の写真ブログにツーショット写真をアップするなど、ラブラブな様子を見せていたが、再婚を発表したのは関西のテレビとラジオのみだった。

 その理由は、「娘が中学にあがるまでは再婚しない」という約束を破ったことに怒っている千秋(44)を、これ以上刺激しないためだったとか。離婚から8年経っても、悩みは尽きないようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
タレント休業時代のヒロミが「タモリ会」に呼ばれ続けた理由
タモリとマツコ・デラックス ビシッと決めた見事な和装姿
フジ亀山千広新社長の大ナタで低視聴率『いいとも』を終了に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP