ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニトリ社長・似鳥昭雄とは何者か 佐野眞一がその正体に迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北海道のローカル家具屋は、あれよあれよという間に、日本の流通業界の雄に上り詰め、いまやスウェーデン発のグローバル企業IKEAと熾烈な争いを繰り広げている。ニトリHD代表・似鳥昭雄とは何者か。ダイエー中内功氏やソフトバンク孫正義氏ら異形の経営者と対峙してきたノンフィクション作家・佐野眞一氏がその正体に迫る。

 * * *
「♪お、ねだん以上。ニトリ……」

 一度聞いたらなぜか忘れられなくなるこのテレビCMを最初に聞いたとき、この会社はきっと伸びるぞ、と思った。

 その後、ニトリという社名が創業者の名前からつけられたものだと知って、その思いは確信に変わった。

 私は、ノンフィクションは取り上げる人物の名前でほとんど決まると思っている。それと同様、企業が成長するかどうかは、創業者が先天的に持っている「星の強さ」で決まる。似鳥昭雄。実に“破壊力”のある名前ではないか。

 ニトリの名前は、昨春、日経新聞に連載した「私の履歴書」で、俄かに有名になった。これを単行本化した『運は創るもの』はまもなく4万部を超えるという。業績も好調で、2015年の2月決算で28期連続の増収増益を達成した。国内店舗数は370店を数え、売上高は4000億を超える。目標は3000店、売上高3兆円である。

 ニトリは一般的に家具の専門店チェーンだと思われているが、家具の売り上げ構成比は41%。残りはインテリア雑貨などが占める。東京都北区にある東京本部は店舗も兼ねている。インタビュー前その店内を見学して、無印良品の商品構成にそっくりだと思った。

──♪お、ねだん以上。ニトリ……というコピーは、誰が作られたんですか。社長ですか。

似鳥 「あれはうちの社員に募集して、100くらい集まったなかから決めたんです。最初は♪お、ねだん以上、それ以上……だったんですが、『それ以上』は長すぎるから切りました」

──ニトリが家具の専門チェーンでないことは、店内を見学してよくわかりましたが、衣食住でいえば、“住”に特化した商品構成であることは確かです。なぜ、住をターゲットにして創業(1967年)したんですか。

似鳥「競争相手がいない業種を探したんです。いろいろ調べた結果、家具屋だけがなかったんです。先輩たちからも、これからは住宅がどんどん建っていくから、カーテンとかカーペットとかそういうものが売れるぞ、という話を聞いたのもヒントになりました」

 似鳥が「住」関連の商品に目を付けたのは、たぶん引き揚げ体験と密接に関係している。戦後の貧しい時代でも、「食」はそこそこあったし、文句さえいわなければ「衣」もあった。  言葉を換えれば、似鳥は寒い日には家の中に雪が吹き込む貧しい引揚者住宅体験を、いわば逆手にとってビジネスチャンスをつかんだのである。

似鳥「もう、まったくこんなに成功するとは、夢にも思いませんでした」

──成功の鍵は何ですか。運ですか?

似鳥「やっぱり、いろいろな人とのめぐり合いですね。おふくろが、僕が小学校1年生ぐらいから米の配達を手伝わせて、誰と会っても挨拶するとか、いつもニコニコしていろとか、そういう指導を受けていたのが、こまめな人との付き合いのベースになったと思います」

──お母さんといえば「週刊文春」(*注)に、壮絶な親子ゲンカなんて書かれていました。お母さんは、「私の履歴書」に書かれたような貧乏ではなかったとも言っていますが。

【*注/日経連載で幼少期の困窮ぶりを述べていた似鳥氏に対して、実母が週刊文春(2015年5月21日号)に登場。「ヤミ米の仕事を始めてからは裕福になった」「テレビもあった」と反論を展開した】

似鳥「いや、貧乏だったですよ。やっぱり。本人はそう思いたくないでしょうが、ヒヨコを買ってきて、大きくさせて、殺されるのがいやさにバサバサ飛ぶのを手足を縛って、首を切って家族で食べるわけですから」

──そういう貧乏体験が現在の自分を作ったと思いますか。

似鳥「僕はそう思いますね。だから、却って感謝しているんです。いつも死にたい、死にたいと思っていて、楽しみは寝るときだけでしたからね。起きたら地獄が始まって。だから、もういい思いは一つもなかったですね」

──いまはどうですか。

似鳥「いまはもう幸せです。やっぱり先憂後楽ですね。いまでは親に感謝していますよ。苦労は自分ではできないから」

──ただ、長年流通業を取材した経験から言いますと、どれだけ大きな企業も安泰ということはない。ダイエーだって歴史から消えたじゃないですか。

似鳥「うちも、私が生きているうちは大丈夫かもしれませんが、苦労しないのが社長になったら潰れると思っています」

──後継者は息子さんですか?

似鳥「いいえ。息子に本業を継がせず、傍系会社のニトリパブリック(広告会社)の専務にしたのは、苦労知らずに育ったからです。尊敬する渥美先生はいつも、『人生は65で大抵の人が変わる。誰でも65になると自分の死後のことを考える。それで、血のつながった者に跡を継いでほしいという気持ちが起きるんだ。生物としてね』と言ってました」

 似鳥は経営コンサルタントの故・渥美俊一を人生の師匠と呼ぶ。渥美は流通黎明期の指導者としてダイエーやジャスコ、イトーヨーカ堂を指導した。

 取材後、中内功の年譜を調べて驚いた。中内が天文学的有利子負債を抱えたダイエーを救うため、元日本楽器製造社長の河島博をダイエーの副社長に迎えたのは、65歳のときだった。

 だが、河島によって業績がV字型に回復すると、河島に人心が集中するのを警戒した中内は河島を傍系会社に飛ばし、長男の潤を副社長に据え、ダイエーは凋落の一途を辿っていく。

──企業というのは、一寸先は闇です。今、気になる企業はありますか?

似鳥「今ですか。やっぱりユニクロですね。僕は柳井(正)さんとゴルフや食事もします。情報交換もある程度します」

──ユニクロは何がすぐれていると思いますか。

似鳥「何をやるにしても誰よりも早くやりますよね。うちもそうですけど、後じゃだめなんです。必ず先に制する」

──戦争と同じですね。

似鳥「一番先はリスクを伴う。やっぱり怖い。だけど、戦場では自分で戦うしかないんですよ」  

 そんな勇ましいことを言ったかと思えば、意外な一面もみせる。似鳥は、政治にも積極的に関わり合いを持ち、安倍晋三にも多額の献金をしている。

──どれくらい出しているんですか。500万ぐらい?

似鳥「まあ、それに近い。でも、僕は政党と言うより、日本をよくしてくれる人なら誰でもいいと思っているんです」

 こういう台詞をぬけぬけと言うところが、似鳥のしたたかなところであり、食えないところでもある。

 取材後、似鳥の『運は創るもの』を改めて読んでみた。漫画ばりの成功譚の連続に、途中で何度も読むのをやめようかと思った。そんな本がベストセラーになったことに、現在の閉塞感とニトリ成長の秘密が隠されている。いま消費者は、中内ダイエーのような「大きな物語」を求めていない。

 だからこそ、通俗的なサクセスストーリーと、埒もない親子ゲンカが週刊誌の恰好の話題になる。それを巧みに利用して商売につなげた似鳥という男、予想通りただ者ではなかった。やはり珍姓、奇姓の男には、くれぐれも心してかからなければならない。(文中敬称略)  

※SAPIO2016年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
米視察で学んだ「新機軸」経営で似鳥社長 ニトリを蘇らせる
ニトリ社長 創業時の3食即席麺生活脱出の転機はお見合い結婚
ニトリ社長妻 夫の欠点を松下幸之助、本田宗一郎似だと褒める

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP