ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年6月オープン!国際通りに誕生した新名所で、ハシゴ酒を楽しむ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

取材やプライベートで年に4、5回は沖縄を訪れる、沖縄大好きなライター小宮です。2015年、沖縄に行った回数は実に6回!自己最多記録を更新しました。

さて。そんな沖縄ツウの私でも、初めて行く場所はワクワクするものです。

今回はワクワクはもちろん、ヘベレケになれる(人によりますが)とっておきのスポットを紹介します。

2015年6月にオープンした「国際通り屋台村」。

場所は国際通りの牧志駅側。むつみ橋交差点を牧志駅の方へ進んで、右手に牧志交番がある角を右に曲がってすぐのところ。ゆいレール「牧志駅」から徒歩4分。入口はグランドオリオン通り側と、竜宮通り側の2カ所ある。

屋台村には、沖縄の食材を使った郷土料理をはじめ、東京の人気店、お寿司、天ぷら、ステーキ、オリジナル料理など、様々なジャンルのお店が21店舗集結。カフェやバーもあるので、がっつりご飯じゃなくても使えるのが嬉しいポイント。

しかも、屋台村ではスタンプラリーもできちゃうんです! 5軒ハシゴすると、オリジナルグラスを。21軒すべてをハシゴすると、オリジナル琉球ガラスペンダントプレゼントに加え、1年間1日1店舗オリジナル泡盛が1杯無料に!ということで、私たちもオリジナルグラスを求めて、ハシゴ酒をスタート。

1軒目:チャイニーズバル「The Wok by Joe’s Shanghai,New York」

コレがニューヨークのセレブを魅了した絶品小籠包!

ニューヨークのチャイナタウン、東京などに店舗を構える人気の中華料理店。オススメは写真の「蟹肉小籠包と豚肉小籠包 各2個ずつ」950円。

蟹肉小籠包。中から肉汁がジュワ〜っ。

豚肉小籠包。刻み生姜をたっぷりのせて。

2軒目:「琉球鮨 築地青空三代目」

なんとお寿司まであるんです!ネタにひと手間加える江戸前の技法で、沖縄の地魚が握り寿司に!

「美ら海の5貫」1200円。

左上イラブチャー味噌締め、右上ティラジャー、左下本まぐろ赤身、真ん中炙りグルクン、右下アグー豚しゃぶ握り

屋台で本格的なお寿司を食べることが出来るなんて、観光客はもちろん、地元の人も多いみたいです。

2つめのスタンプをゲット!

3軒目:「AMERICAN DINER A Sign」

続きましては、ステーキ!沖縄と言えば、の名物。石垣牛100%のハンバーグや県産豚ステーキなど魅力的なラインナップの中、私が選んだのは「伊江牛ステーキ」100g1600円。ステーキは量り売りで、1g16円で食べたい分だけ注文できるのもうれしい!

本島北部から船で30分のところにある伊江島で育った伊江牛。程よい脂身とコクのある赤身のステーキは食べ応え抜群!

4軒目:「沖縄そば・島野菜料理 ゆらりあちねー」

4軒目。そろそろお腹もいっぱいになってきたところで、沖縄料理店へ。日替わりのメニューが多いというこちらの店舗で今回いただいたのは、大好きな「フーチャンプルー」。麩におだしが染み込んで、シャキシャキ野菜との食感のバランスが良く、クセになる味わい。「フーチャンプルー」550円。(メニューは日替わり)

ふと、見ると「ハブ酒」発見!600円。飲んでみたいような、みたくないような…。今回はやめときました。

5軒目:ジェラートカフェ「South&North+」

ラストはジェラートカフェへ。地元の食材を使った沖縄ジェラート専門店。牛乳は北海道産と沖縄産をブレンド。フルーツや野菜だけじゃなく、島どうふなど個性的な味も展開。

食べたのは「マンゴーと島どうふのダブル」420円。

やったー!コレで5軒のハシゴ終了。

達成記念にオリジナルグラスをゲット!

ちなみに、屋台村の中には「離島マルシェ」があり、「離島のいいモノ、アツマルシェ」をコンセプトに、沖縄の島々の魅力を発信。

離島のパンフレットや特産品など、ココに来れば離島のほぼほぼすべてが分かるように。離島旅行を考えている人はぜひココにも立ち寄ってみて。

国際通り屋台村。那覇市内で「夜ご飯、何食べよう?」って困った時はココに来れば沖縄料理でも、ステーキでも、中華でも、何でも揃ってます。ぜひ立ち寄ってみてくださいね。 国際通り屋台村

住所/沖縄県那覇市牧志3-11-16,17

「国際通り屋台村」の詳細はこちら

チャイニーズバル「The Wok by Joe’s Shanghai,New York」

TEL/098-867-0070

営業時間/11時〜23時

定休日/なし

「琉球鮨 築地青空三代目」

TEL/070-5690-9333

営業時間/11時〜23時

定休日/水

「アメリカンダイニング&バー A sign」

TEL/なし

営業時間/11時〜23時

定休日/第1・3火

「沖縄そば・島野菜料理 ゆらりあちねー」

TEL/なし

営業時間/11時〜23時

定休日/なし

ジェラートカフェ「South&North+」

TEL/070-5417-0723

営業時間/10時〜23時

定休日/なし

この記事は2015年11月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

新年の限定企画。1月だけ!新年に食べたい特製ハンバーガー6選【関西】
1月限定!バンズと野菜がうまい!特製ガッツリハンバーガー5選【関西・北陸】
2016年のトレンド発信!大阪の新年おすすめスポット5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。