体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2015年6月オープン!国際通りに誕生した新名所で、ハシゴ酒を楽しむ

国際通り屋台村

取材やプライベートで年に4、5回は沖縄を訪れる、沖縄大好きなライター小宮です。2015年、沖縄に行った回数は実に6回!自己最多記録を更新しました。

さて。そんな沖縄ツウの私でも、初めて行く場所はワクワクするものです。

今回はワクワクはもちろん、ヘベレケになれる(人によりますが)とっておきのスポットを紹介します。

2015年6月にオープンした「国際通り屋台村」。

国際通り屋台村

場所は国際通りの牧志駅側。むつみ橋交差点を牧志駅の方へ進んで、右手に牧志交番がある角を右に曲がってすぐのところ。ゆいレール「牧志駅」から徒歩4分。入口はグランドオリオン通り側と、竜宮通り側の2カ所ある。

国際通り屋台村

屋台村には、沖縄の食材を使った郷土料理をはじめ、東京の人気店、お寿司、天ぷら、ステーキ、オリジナル料理など、様々なジャンルのお店が21店舗集結。カフェやバーもあるので、がっつりご飯じゃなくても使えるのが嬉しいポイント。

屋台村スタンプラリー

しかも、屋台村ではスタンプラリーもできちゃうんです! 5軒ハシゴすると、オリジナルグラスを。21軒すべてをハシゴすると、オリジナル琉球ガラスペンダントプレゼントに加え、1年間1日1店舗オリジナル泡盛が1杯無料に!ということで、私たちもオリジナルグラスを求めて、ハシゴ酒をスタート。

1軒目:チャイニーズバル「The Wok by Joe’s Shanghai,New York」

チャイニーズバル「The Wok by Joe’s Shanghai,New York」

コレがニューヨークのセレブを魅了した絶品小籠包!

ニューヨークのチャイナタウン、東京などに店舗を構える人気の中華料理店。オススメは写真の「蟹肉小籠包と豚肉小籠包 各2個ずつ」950円。

チャイニーズバル「The Wok by Joe’s Shanghai,New York」

蟹肉小籠包。中から肉汁がジュワ〜っ。

チャイニーズバル「The Wok by Joe’s Shanghai,New York」

豚肉小籠包。刻み生姜をたっぷりのせて。

2軒目:「琉球鮨 築地青空三代目」

琉球鮨 築地青空三代目 琉球鮨 築地青空三代目
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy