ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【虚構か現実か】強烈ホラーの鬼才・白石晃士がフェイク・ドキュメンタリー撮影の極意を語る著書発売[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『コワすぎ!』シリーズや『ある優しき殺人者の記録』など、監督自身が“カメラマン・田代”として劇中でカメラを回すPOV形式のフェイク・ドキュメンタリーで人気を博した白石晃士監督。2016年には日本初の4DX専用ホラー映画『伽倻子VS貞子』といった話題作の公開が予定されており、その勢いは留まることを知りませんッ。彼の名がクレジットされているだけで、「あ、これおもしろそう」と思ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

そんな白石監督が、フェイク・ドキュメンタリーを撮る極意を語る著書『フェイクドキュメンタリーの教科書』が発売されました。この著書では白石監督が自身の作品を例に、撮影テクニック・演出方法や創作論などを語っていきます。また、『ある優しき殺人者の記録』の撮影に使用したシナリオを、各シーンの演出意図等の解説付きで全文掲載。何気ないシーンには一体どんな意味が込められているのか? 映画を見る目が変わりそうなこの内容、映画製作を志す人でなくとも非常に楽しめそうです。
また、これまで書籍としてまとめて語られることのなかったフェイク・ドキュメンタリーの歴史や分類についても記されているとのこと。まだ観たことのないフェイクドキュメンタリーの傑作をチェックして、フェイク・ドキュメンタリーの奥深い世界に飛び込みましょう!

購入特典には、撮り下ろし短編作品『白石晃士の世界征服宣言』のDVDを付属。こちらには『コワすぎ!』シリーズの市川役でおなじみの久保山智夏さんが出演されております。白石晃士監督・著書『フェイクドキュメンタリーの教科書』は誠文堂新光社より発売中です。

『フェイクドキュメンタリーの教科書:リアリティのある“嘘”を描く映画表現 その歴史と撮影テクニック』
著 者:白石晃士
仕 様:A5判、256ページ
定 価:2000円+税
発売日:2015年1月7日(木)
ISBN:978-4-416-81503-8

[目次]
序 章 フェイクドキュメンタリーの歴史
第1章 フェイクドキュメンタリー頂上作戦!
第2章 フェイクドキュメンタリーに挑め!
第3章 強烈なキャラクターを生み出す極意 ―白石晃士の演出論
第4章 なぜカメラはそこにあるのか!? ―白石晃士の撮影論
第5章 リアリティを生み出す編集のマジック
第6章 『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』の作り方
付 録 『ある優しき殺人者の記録』シナリオ解説

[特典]
DVD『白石晃士の世界征服宣言』
 <本編>
 『白石晃士の世界征服宣言』:約17分
 監督・脚本・撮影:白石晃士
 出演:久保山智夏、細川佳夫、白石晃士
 <メイキング>
 『白石晃士のフェイクドキュメンタリー入門 撮影篇/編集篇』:約30分

カテゴリー : エンタメ タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP