体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DARKSTAR『Foam Island』インタビュー

WARP_DARKSTAR_0911_1400

 

「ビーチ・ボーイズ、ブライアン・イーノ、レディオヘッドが交差する場所にダークスターは存在する」――。〈Warp〉移籍作となった2nd『News from Nowhere』(2013年)が称賛を集め、ポスト・ダブステップ以降のエレクトロニック・ミュージック~UKアンダーグラウンド・シーンを担う一角として評価を得るダークスター。今年リリースされた最新作『Foam Island』は、多様なエッセンスを反映し更なる深化を遂げた音楽性と共に、地元のイギリス北部ハダースフィールドのドキュメンタリー・プロジェクトを発端としたメッセージ性の高い内容も大きな話題を呼んだ。今秋、朝霧ジャム、東京の単独公演への出演のため来日したふたりに、アルバムの制作背景、そして昨年急逝したマーク・ベルのことなど音楽的なバックボーンについて聞いた。

 

―今回のニュー・アルバム『Foam Island』は、地元のハダーズフィールドで暮らす若者たちと地域情勢や社会問題について語り合ったことが元になっているということで、そうしたメッセージ性の高い楽曲をライヴで披露するにあたりこれまでと違う感覚だったり意識したことはありますか?

エイデン・ウォーリー「というか、ライヴではメッセージの中身を変えていく必要があるんだよ。同じ作品を元にしていても、アルバムとライヴでは伝え方が全然違ってるし、エンターテイメント性を無視してアルバムのメッセージを忠実に再現しようとはしてないんだ。だから、アルバムの中にあるメッセージ性は薄まってるかもしれないけど、サウンド面は強化されていたり、音もラウドだったり、アレンジの部分でもアルバムとは違う新しいことに挑戦してたりっていう違いがあるよね」

ジェイムス・ヤング「ライヴの冒頭で新作からのサウンドを打ち出すことで、この先のライヴの方向性だったりトーンを示してみたり、ライヴ全体の流れを意識しながら要所要所でアルバムのトーンを伝えてようとはしてるけど、ただ、コンセプトっていう意味ではアルバムほど明確ではないよ」

―今回は政治的なメッセージを持った作品ということで、リスナーや身近な人達の反応もこれまでと違った、みたいなことはありましたか?

ジェームス「まわりの反応は概ね好評だよ。自分達が単なる演出じゃなく、実際にそうした現実を目撃した上でメッセージを発してることを理解してもらってると思うし。実際に現場に足を赴けて、現実を目撃した実感に基づいて作ってるんだってことがね。そのへんは正当に評価されてると感じてるね」

―驚いたレビューや感想とかありました?

ジェームス「いや、そうでもないかな。もともとメッセージ性が強い作品なんで、賛否両論があって当然だって覚悟はしてたんだ。実際、ポジティヴというよりはネガティヴな意見もあったし、さすがにこれはひどいと思える意見もあったけど。政治に関する個人的な意見を、そのまま作品の評価に当てはめるみたいなね。そういうのがあると、匿名で発表できたら素直な意見が聞けてよかったのに、とか思ったりするけどね」

―今、「覚悟はしてた」とありましたけど、こうした作品を出すことについて最初は戸惑いもあったのでしょうか? 

ジェームス「もちろん、それを覚悟の上で挑戦してるんだ。政治的なメッセージを、上から目線や自分達の価値観を押し付ける形でなく伝えていきたかったから。政治的なメッセージを伝えること以外にも、今のイギリス社会の現実をありのままに映し出すことだったり、自分達の人生の目的だったり野望だったり、家族や親しい人達への想いだったり、思春期から大人になるにつれて直面する数々の場面を取り上げているという。自分達とかそれよりも少し下の世代がこれから直面するであろう人生の大きなテーマについてね」

―“A Different Kind Of Struggle”というタイトルの曲が目を引きますが、これも具体的な出来事をイメージして生まれた曲なんでしょうか?

ジェームス「あの曲がこのアルバムの中でおそらく最も政治的な曲なんだけど、社会に失望したイギリスの若者の姿を映し出していて、アルバムを象徴する曲でもあるんだ。すべてはこの曲から始まったというか、この曲によって今回のアルバムは政治的な内容になるってことが決定づけられたんだ。曲の中で伝えているメッセージもアルバム全体のメッセージを象徴してるんだ」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy