ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

カナダのイベント会場で4.5インチSamsung “Hercules”かもしれない端末が撮影される

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

上図はカナダ・トロントで4日に開催されたSamsungのイベントにおいて、カナダのブログ「Mobile Syrup」のIan Hardy氏が撮影したものです。今のところGalaxy S II(GT-I9100、韓国、日本モデルなども)にしか搭載されていないTouhWiz 4.0を確認できますが、現在販売されているGalaxy S IIとは少しばかりデザインが異なるように見えます。端末が何なのか詳細は述べられていませんでしたが、Hardy氏は、上図端末は噂の”Herules”で、カナダのキャリア「TELUS」に投入されるとみておられます。一見するとGT-I9100よりも四隅が丸いようです。画面の下側には4つのタッチ式ボタンが確認できます、Galaxy Sの場合も北米キャリア向けモデルは全て4つのタッチボタンだったので、Galaxy S IIでも同じう仕様なのかもしれません。”Hercules”は噂では、 サイズは5.16 x 2.76 x 0.37インチ 4.5インチSuper AMOLED Plusディスプレイ、解像度はWVGA(800×480) Android 2.3(Gingerbread) Qualcomm APQ8060 デュアルコア1.2GHzプロセッサー(3Gモデム非搭載なSoCなので別途モデムが搭載されると見られています) 1GBのRAM,16GBのフラッシュメモリ、32GBまでのマイクロSDHCカードをサポート NFCをサポート、ISISモバイル決済対応 DC-HSDPA(42Mbps)、HSUPA(5.76Mbps) T-MobileのAWSバンドとAT&Tの3Gバンド(850/1900MHz)をサポート 背面に800万画素のカメラ、LEDフラッシュ付、1080pフルHDサイズの動画撮影に対応 フロントカメラ搭載 MHL対応といったスペックが伝えられています。噂どおりならばディスプレイサイズは4.5インチ。見えなくもないですね。7月中旬の時点でSamsung Canadaは”Hercules”について、2ヶ月以内に新しい情報が出てくるとFacebookでコメントしています。Soure : MobileSyrup


(juggly.cn)記事関連リンク
米Sprint、CDMA / WiMAX対応"4G"スマートフォンの低価格モデル「Samsung Conquer 4G」を発表、2年契約で$99
LG、台湾で3Dスマートフォン「Optimus 3D」を発表、8月中に発売
ソフトバンク、SIMロック解除機能を搭載した端末のSIMロック解除手数料を発表、3,150円(税込み)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。