ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

米Sprint、CDMA / WiMAX対応”4G”スマートフォンの低価格モデル「Samsung Conquer 4G」を発表、2年契約で$99

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米SprintとSamsungは8月5日、CDMA2000/WiMAXに対応するミッドレンジのAndroidスマートフォン「Samsung Conquer 4G(SPH-D600)」の発売日と価格を発表しました。CDMA2000に加え、WiMAXに対応することから製品名に”4G”が付けられています。これまでSprintが発売した4Gスマートフォンの価格は、2年契約で$199というのがメインでしたが、Conquer 4Gは2年契約で$99($50のリベート後)という低い価格で販売されます。発売日は8月21日。スペック的にはミッドレンジクラス。ディスプレイサイズが3.5インチ(解像度480×320ピクセル、HVGA)なので比較的コンパクトな端末です。1GHz CPU、背面に320万画素のCMOSカメラ(フラッシュ付)、前面に130万画素のCMOSカメラを搭載しています。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0、CDMA2000とWiMAXに対応。バッテリー容量は1,500mAh、本体サイズは116mm×60mm×11.6mm。OSはAndroid 2.3(Gingerbread)とのことですが、ハメコミ画像のホーム画面はFroyo風。Via : BGR 


(juggly.cn)記事関連リンク
LG、台湾で3Dスマートフォン「Optimus 3D」を発表、8月中に発売
ソフトバンク、SIMロック解除機能を搭載した端末のSIMロック解除手数料を発表、3,150円(税込み)
Dolphin Browser v6.1が公開、WebZine機能の改良がメイン

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。