体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本でもスーパーのレジをATMとして利用できるようになる?

Photo credit: Shizuko Iki「南カリフォルニアのスーパーマーケット」 健康志向型スーパー

アメリカで人気ある健康志向型スーパー”WHOLE FOODS” (ホールフーズ)の外観。Photo credit: Shizuko Iki「南カリフォルニアのスーパーマーケット」 

2016年が到来し、ますますハリキリ度がアップしているTRiPORTライターのShizuです!
去年の12月に話題になった「金融庁が全国にあるスーパーマーケットなどのレジから自分の貯金(現金)を引き出せるという規制緩和を発表した」というニュースを覚えていますか? これは日本がアメリカに倣ったもので、急にお金が必要になったときや、国内旅行中にも使えそうです。私はアメリカにいたとき、このサービスを実際に使っていました。

レジから現金を引き出せるのは米国では常識!

ニュースによると、スーパーマーケットやATMのないお店のレジ及び宅配業者(端末機を持っている人)からJ-Debit(ジェイデビット)カードを持っている人に限り、現金を受け取れるということだそうです。2017年からみずほ銀行などでサービスを始める準備をしているのだとか。

確かに銀行やATMに行かなくても現金がおろせる、それも手数料は無料の予定だなんて、こんな便利なことはないですよね! 私はこの規制緩和の一報を聞いたときに、アメリカのスーパーマーケットでのことを思い出しました。実はすでにアメリカでは、スーパーマーケットのレジから貯金の引き出せるのは常識だからです。これから日本もアメリカのスーパーマーケットのようなサービスをどんどん始めていく予感がします。

Photo credit: Shizuko Iki「南カリフォルニアのスーパーマーケット」 WHOLE FOODS(ホールフーズ)のレジ前。商品を置く台はなんとベルトコンベアーになっています。キャッシャー(レジ係)の為にお客さんがカートから出してこのコンベアーの上に商品を置いていきます。

WHOLE FOODS(ホールフーズ)のレジ前。商品を置く台はなんとベルトコンベアーになっています。キャッシャー(レジ係)の為にお客さんがカートから出してこのコンベアーの上に商品を置いていきます。Photo credit: Shizuko Iki「南カリフォルニアのスーパーマーケット」 

デビッドカード付きのキャッシュカードが便利!

アメリカに住み始めた頃、私はクレジットカードをまだ持っておらず、スーパーでは現金で買い物をしていました。いつも買いすぎてしまい、気がつけばお財布の中が空っぽ。そんなとき、急に支払いが必要になって困ったことも…。

そこで困っていた私に、アメリカ人の友人が「銀行で口座を開設するときに、デビッドカード付きのキャッシュカードを作ると便利だよ!」と教えてくれたのです。クレジットカードと違って、買い物したときに即日決済されるというのがデビッドカード。もちろんデビッドカードでも買い物はできますが、スーパーのレジから現金を簡単に引き出すこともできるのです。

デビッドカードがあれば、普段多額の現金を持ち歩く必要なく、さらにいつでも手数料は無料! その利便性ゆえに、この種類のカードを使用するアメリカ人は多いのだそうです。

Photo credit: Shizuko Iki「南カリフォルニアのスーパーマーケット」 TRADER JOE'S(トレーダージョーズ)の店内。オーガニック野菜やフルーツなどヘルシーな食材が多く、安く提供していて人気があります。

TRADER JOE’S(トレーダージョーズ)の店内。オーガニック野菜やフルーツなどヘルシーな食材が多く、安く提供していて人気があります。Photo credit: Shizuko Iki「南カリフォルニアのスーパーマーケット」 

アメリカのレジでキャッシュバックを体験

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。