ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

謎の科学者が描く!?北欧発、ノスタルジックなおとぎ話の世界

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
fairytale_1

子どもの頃、本当に妖精がいると信じたり、アンデルセンのような童話に夢中になった記憶はないですか?

そんな夢見心地だった幼少時代をふと思い出させてくれる、北欧・スウェーデン在住のアーティストがいます。

fairytale_2

名前は、Alexander Janssonさん。

彼が描くのは、まさにおとぎ話に出てきそうな架空の人物や動物たちばかり。

常にイマジネーションを働かせ、マジカルなイラストで、子どもだけでなく大人も楽しませてくれます。

fairytale_3

ちょっと哀愁が漂うダークな色使いも彼の持ち味。

だけど、そこに登場人物たちのピュアな気持ちが交錯し、不思議なノスタルジーへと誘います。

fairytale_4 fairytale_5

一見、とても古典的な作風のように見えつつも、Alexanderさんの作品はイラストレーターだけでなく、2D/3D アニメーションも使ったハイテク仕上げ。

そして、自らを“謎の科学者”と称するマルチアーティストでもあります。

fairytale_7 fairytale_9

すごくかわいい!というよりは、ほんのり退廃的なムードが漂うこのイラスト。

日本語的に言うと侘び寂びが効いているというのか、独特のおとぎ話の世界観を作り上げていますね。

Alexander Jansson
alexanderjansson.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。