ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一小さなドローン!わずか4.3センチでストリーミングにも対応したドローン「Axis Vidius」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、高性能カメラを搭載した小型ドローンONAGOflyを取り上げたばかりだが、今回はそれよりさらに小さい「Axis Vidius」を紹介しよう。

・スマホにライブ配信

ONAGOflyも手のひらに乗るサイズではあるが、Axis Vidiusは4.3センチ四方、高さも2.5センチとカメラを搭載するドローンとしては驚異的な小ささ。

しかも、Wi-Fiに接続させるとカメラが捉えている映像を手元のスマホで視聴できる。

・価格も魅力的

もちろん録画もでき、例えばパーティーやスポーツなどのイベントで、撮影したそばから映像を他の参加者と共有してもよさそう。

ビデオ解像度は420pとさほど高くないが、視点を変えた撮影ができるという点で趣味用として使えそうだ。

何より95ドルという価格が魅力的。ドローン操作も楽しめる上に撮影もできるとなれば、お手頃といってもいいだろう。

・飛行時間は5〜7分

Axis Vidiusはリモコンとセットになっているが、専用のアプリ(iOS、Android)をダウンロードしたスマホやタブレットでも操作ができる。

スピードは3段階設定で、宙返りもプログラムされているなど、ドローン初心者でも簡単に楽しめそうだ。

その他のスペックとしては、バッテリーは150mAh、USBケーブル経由の20分の充電で飛行時間は5〜7分となっている。

いつもと違う視点で撮影したい。ただドローンを飛ばすだけでは物足りない。そんな人はAxis社のサイトをチェックしてみてはいかが。現在サイトでオーダーを受け付けていて、1月末にも発送が始まる見込みだ。

Axis Drones

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP