ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べるとキレイになれる深海魚「げんげ」が大人気らしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“天然のいけす”と呼ばれる富山湾。寒ブリやホタルイカ、シロエビなどさまざまな魚介類を楽しませてくれる海でもありますが、その富山湾で捕れる雑魚中の雑魚、下の下とも呼ばれ一昔前までは捨てられていた深海魚が、現在はすご~く人気だとご存知ですか?

特に女子にはうれしい効果がいっぱいの魚。そこで今回は富山県の観光情報などを参考に、週末の女子旅におすすめのグルメ、富山湾でとれる深海魚げんげの魅力をまとめます。

富山湾の幻の魚、げんげ

西の能登半島と東の生地鼻灯台に囲まれた、きれいな弧を描く富山湾には、日本海側に存在する800種ほどの魚のうち、なんと約500種が生息するとされています。そのうちの1つ、以前までは捨てられていた深海魚げんげが大変な人気を博しています。

げんげとは体長20cmほどのぬるぬるとした深海魚で、人間界の基準ではお世辞にも「かわいい」とか「かっこいい」とか、温かい声援を投げ掛けられるような魚ではありません。

富山県のホームページでは好意的に“大きなおたまじゃくし”と表現されていますが、筆者の印象では何かの手違いで工業用排水プールにすべり落ちた死後3日目の魚といった感じです。

ちょっと曲がっている胴体も薄気味悪いのですよね。ただ、体の表面を分厚く覆う、ドロドロしたゼラチン質にコラーゲンが含まれているとして、近年は重宝されているのです。

富山県のサイトでも、記事ランキングのトップがげんげについてのコンテンツでした。それだけ注目されているのですね。

これは美味!富山の新たな特産品

意外ですが、食べてみると味は一級です。てんぷらが個人的には好物ですが、空揚げ、吸い物など何にしてもおいしく、料亭や割烹などでも盛んに利用されている食材です。

食材のプルプル感を味わいたければ鍋がおすすめ。実際の効果はさておき、寒い季節に温かい鍋でいただくと、何だかお肌にもいい気がしてくるから不思議です。

げんげで有名な漁港は、富山県東部の魚津(うおづ)。北陸新幹線の黒部宇奈月温泉駅で下車して、富山地方鉄道に乗り換え新魚津駅で降りてください。徒歩で漁港や海の駅にも行けますし、周辺の割烹や料亭でもげんげを食べられます。

その後は周辺の宇奈月温泉などに宿を取って、ゆっくり旅を満喫してみては? 東京方面からだと新幹線で2時間もかかりませんよ。

[富山食ブランド ゲンゲ – 食べんまいけ 越中とやま食の王国]
[All photos by Shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP