ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メルボルンならここに行こう!人気観光スポット15選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Adam Kowalczyk「Australia」

TRiPORTライター、自然大好きのAicuです。
大自然のあるオーストラリア、その中でも「世界で最も住みやすい街」に選ばれたメルボルンの、見逃せない観光スポットと魅力をお届けします。「世界で最も住みやすい街」と言っても、メルボルンで有名な観光スポットは? と聞かれて思いあたる人の方が少ないのではないでしょうか? 
しかし、メルボルンにはたくさんの魅力的な観光スポットがあるのです。メルボルンでしか味わえない大自然や歴史、文化を余すところなく楽しんで、心に残る思い出を作ってくださいね!

メルボルンってどんな街?

4年連続で「世界で最も住みやすい街」に選出されたメルボルン。このランキングで判断基準とされているのが、政治・社会的安定、犯罪率、医療の質、文化活動、環境、教育、インフラの整備など。
この総合点の高さで1位を獲得したメルボルンの街には、クラシックな建造物が多く立ち並び、ヨーロッパの都市のような雰囲気が漂っています。
アートの街としても有名で、街のいたるところにアートが散りばめられていて、ウォールアートや路上でアーティストが自分の作品を売っていたりと街に芸術が根付いているのを感じることができます。

面積:8,806 km²
人口:108.7万人

Photo credit: CloudSurfer 23:19, 23 Sep 2004 (UTC) (Own work) [GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

<メルボルンならここに行こう!人気観光スポット15選>

1. グレート・オーシャンロード

Photo credit: Nan Sasaki「一度は行ってみたい『世界遺産』Great Ocean Road」

ジーロング〜ウォーナンブールの間を200kmに渡って海沿いに続く道が「グレートオーシャン・ロード」です。この道路は約16年もの歳月をかけて、すべてが人力で作られました。岩と海の自然美が続く道をぜひ一度はご覧ください!途中には、「十二使徒」などの景勝スポットがあります。

グレート・オーシャンロード/Great Ocean Road
住所:Great Ocean Rd & Booringa Rd, Princetown VIC 3269
アクセス:
メルボルンからグレート・オーシャン・ロードの入り口「トーキー」までは、M1プリンセス・ハイウェー (Princes Hwy.)を経由し約100km、車で約1時間半。そこから最大の見所ポート・キャンベル国立公園内の「十二使徒(Twelve Apostles)」までは約200km、約3時間。
HP:http://parkweb.vic.gov.au/explore/parks/twelve-apostles-marine-national-park

2. セントパトリックス大聖堂

Photo credit: Donaldytong (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

オーストラリアの中で最大といわれるゴシック建築の聖パトリック大聖堂は、完成までに90年以上の歳月をかけて建設されたカトリック教会。長い月日が経ったことで自然と出る荘厳な雰囲気は、見るものを圧倒します。
教会内にある美しいステンドグラスや巨大なパイプオルガンもお見逃しなく!

セントパトリックス大聖堂/St. Patrics Cathedral
住所:1 Cathedral Place, East Melbourne
電話番号:03-9662-2233
営業時間:9:30~16:30、日曜8:30~13:00
定休日:土曜、祝日
料金:無料
アクセス:パーラメント(Parliament)駅から徒歩5分
HP:http://www.cam.org.au/cathedral

3. クイーンビクトリア・マーケット

Photo credit: Terrazzo via flickr cc

クイーン ビクトリア・マーケットは、南半球で最大の屋外マーケット。メルボルンで一番人気のあるマーケットです。
600軒以上もの屋台が集まり、新鮮な食料品や衣類、お土産品、雑貨など、様々なものが売られています。中にはビンテージやアンティークの掘り出し物もありますよ。

クイーンビクトリア・マーケット/Queen Victoria Market
住所:Corner of Victoria St and Elizabeth St, Melbourne VIC 3000 オーストラリア
電話番号:03-9320-5822
営業時間:火・木 6:00〜14:00、金 6:00〜17:00、土 6:00〜15:00、日 9:00〜16:00
定休日:月・水
アクセス:
トラムならビクトリアストリート(Victoria St.)、無料バスおよびシティ・エクスプローラーならクイーン・ヴィクトリア・マーケット(Queen Victoria Market)下車すぐ。無料巡回トラム(CITY CIRCLE)LA TROBE ST. & QUEEN ST.停留所から徒歩3分。
HP:http://www.qvm.com.au/

4. メルボルン王立植物園

Photo credit: Phil Norton via flickr cc

メルボルン王立植物園(Royal Botanic Gardens Melbourne)は、1842年に造園された150年以上もの歴史がある英国式庭園です。約40万㎡の広大な敷地の中には、1万2000種以上の植物を観察することができ、50種類以上の野鳥が棲んでいます。
四季によって見られる花が違うので、いつ行っても植物鑑賞を楽しむことができるでしょう。

メルボルン王立植物園/Royal Botanic Gardens Melbourne
住所:Birdwood Ave,South Yarra,Victoria 3141
電話番号:03-9252-2300
営業時間:7:00〜日没まで
定休日:なし
料金:無料
アクセス:フリンダース ストリート(FLINDERS ST.)駅から徒歩すぐ
HP:http://www.rbg.vic.gov.au/

5. メルボルン博物館

Photo credit: Tomoaki Eto「メルボルン上空へ気球の旅」

メルボルン博物館は、世界遺産のカールトン公園に位置する南半球最大の総合博物館です。博物館は7つのメインギャラリーと子供用ギャラリー、特別展示ギャラリーの他、バンジラカ・アボリジニ文化センター、IMAXシアター等があります。
ビクトリア州内の植物、動物、化石、歴史、先住民アボリジニの文化などについて学ぶことのできる「ディスカバリーセンター」は、ビクトリア州とオーストラリアについて知ることができる特別な場所です。

メルボルン博物館/Melbourne Museum
住所:11Nicholson St, Carlton VIC 3053
電話番号:03-8341-7777
営業時間:10:00〜17:00
定休日:なし
料金:大人$14 ※16歳まで無料
アクセス:パーラメント(Parliament)駅から徒歩10分
HP:http://museumvictoria.com.au/melbournemuseum/

6. ヤラバレー

Photo credit: Yoko「弾丸4日間!メルボルン&シドニー」

ダンデノン丘陵の北に広がるブドウ畑、そこがワインの産地で有名なヤラバレー(Yarra Valley)です。80以上のワイナリーがあちらこちらにあり、そこで作られる上質ワインと、地域の美味しい食事、豊かな自然が揃った魅力的なエリアです。
主要ワイナリーでは、試飲や販売のほかにも、自家製ワインと料理を味わえるレストランやカフェが併設されています。その中でも、人気のワイナリーの基本情報を掲載します。

De Bortoli 
住所:Pinnacle Lane, Dixons Creek VIC 3775 
電話番号:03-5965-2271
営業時間
テイスティングとチーズルーム:月〜土 9:00~17:00、9:00〜16:00
レストラン:ランチ 木~月 12:00~、ディナー 土曜 18:30~
定休日:なし。レストランは火・水定休。
アクセス:メルボルンから東に約60km行ったヤラグレンの町。車で約1時間。
HP:http://www.debortoli.com.au/home.html

7. ビクトリア国立美術館

Photo credit: Francisco Anzola via flickr cc

ビクトリア国立美術館は、1861年にオープンしたオーストラリアで最古の世界最大規模の美術館です。美術館では世界中を旅してくる巡回展やオーストラリアの芸術作品を楽しむことができ、現在は約7万点もの作品が収蔵されていて、地元の人に愛されて続けています。

ビクトリア国立美術館/National Gallery of Victoria
住所:180 St Kilda Rd,Melbourne VIC 3006
電話番号:03-8620-2222
営業時間:10:00〜17:00
定休日:クリスマス、グッドフライデー
料金:無料
アクセス:フリンダース·ストリート駅から徒歩すぐ
HP:http://www.ngv.vic.gov.au/

8. ビクトリア州立図書館

Photo credit: Manami Natsume「オーストラリア」

メルボルンの中心、スワンストンストリートを進むと目の前に現れるのが1854年に建てられた歴史ある建造物のビクトリアの州立図書館。館内には無料で入れるので、図書を読むだけでなく高い吹き抜けや空間そのものを楽しんでみるのも、別の楽しみ方としておすすめです。
図書館正面に広がる芝生は、市民のくつろぎの場ともなっています。

ビクトリア州立図書館/State Library of Victoria
住所:28 Swanston St, Melbourne VIC 3000
電話番号:03-8664-7000
営業時間:月〜木・土 10:00〜21:00、金・日 10:00〜18:00
定休日:なし
料金:無料
アクセス:メルボルンセントラル駅から徒歩すぐ
HP:http://www.slv.vic.gov.au/

9. ユーレカ・スカイデッキ88

Photo credit: Yoko「弾丸4日間!メルボルン&シドニー」

高さ300mからメルボルンの美しい景色を眺めることのできるスポットとして大人気の「ユーレカ・スカイデッキ 88」。展望台にはガラス張りの場所が用意されており、高さを体感しながら空中散歩を楽しむことができます。勇気のある人はぜひガラス張りエリアへ!

ユーレカ・スカイデッキ88/Eureka Skydeck 88
住所: Riverside Quay,Southbank,Victoria,3006
電話番号:03-9693-8888
営業時間:10:00〜22:00
定休日:なし
料金:大人$18.5、子供$10
アクセス:フリンダース通り(FLINDERS ST.)駅から徒歩5分
HP:http://www.eurekaskydeck.com.au/

10. フィリップ島

Photo credit: androoouk via flickr cc

メルボルンから車で約2時間のフィリップ島に、世界一小さなペンギン、フェアリーペンギンを見ることができるサマーランドビーチがあります。海から砂浜にあがってくる小さなフェアリーペンギンがピョコピョコと歩く姿はなんとも愛おしいです。島にはなんと2万羽のフェアリーペンギンが生息しています。

フィリップ島/Phillip Island
住所:013 Ventnor Road | Summerlannds Estate,Cowes,Phillip Island,Victoria 3922
電話番号:03-5951-2800
営業時間:10:00〜
料金:
大人(16歳以上)$23.80、子供(4才~15才)$11.90、ファミリー(大人2名、子供2人)$59.50
アクセス:
メルボルンからモナシュハイウィエイ(M1)→サウスギプスランドハイウェイ(M420)→バスハイウェイ(A420)。 San Remo でフィリップアイランド方面に曲がり、フィリップ島への橋を渡って標識に従って進行する。
HP:http://www.penguins.org.au/

11. ダンデノン(パッフィンビリィ蒸気機関車)

Photo credit: John Benwell via flickr cc

ダンデノンレンジズ国立公園に沿って、大自然の中を駆け巡るパッフィンビリー鉄道。全長24kmの距離を約1時間40分かけて進んでいきます。
パッフィンビリー号では足を車両の外へ投げ出して座るのが定番! 落し物をすると谷底へ吸い込まれて行って二度と戻ってこないので気をつけてください。機関車なので運行中はススも飛んでくるので、汚れてもいい服で乗車するのがおすすめです。

ダンデノン(パッフィンビリィ蒸気機関車)/Puffing Billy Railway
住所:Puffing Billy Railway,1 Old Monbulk Road,Belgrave VIC 3160
電話番号:03-9757-0700
営業時間:月〜金 9:00〜17:00、土 9:00〜12:00
定休日:電車は毎日運行、予約電話は日曜定休日
料金:
<ベルグレイヴ(Belgrave)から レイクサイド(Lakeside)まで往復>
大人$68、子供(4〜16歳)$34、家族(大人2名、子供2名)$137
<ベルグレイヴ(Belgrave)からジェムブルック(Gembrook)まで往復>
大人$51.5、子供(4〜16歳)$26.5、家族(大人2名、子供2名)$104
※4歳以下は無料
アクセス:メルボルン中心部から車で約1時間。または、フリンダースストリート駅からベルグレイヴ(Belgrave)駅へ。
HP:http://puffingbilly.com.au/en/

12. グランピアンズ

Photo credit: Francesco Veronesi via flickr cc

メルボルンから約300kmの場所に位置するのが、ビクトリア州最大の国立公園がグランピアンズ。人気アニメ『もののけ姫』のモデルにもなったといわれるバルコニーは、最大の見どころです。
グランピアンズ国立公園には、1000種以上もの野生動物が生息しており、その動物たちとの出会いも楽しみの1つです。

グランピアンズ/Grampians
住所:117-119 Grampians Rd, Halls Gap VIC 3381(Halls Gap Visitor Information Centre)
電話番号:+61-1800-065-599(Halls Gap Visitor Information Centre)
営業時間:9:00〜17:00
定休日:なし
アクセス:メルボルン市内より北西にのびているM8(Western FWY)で約3時間。国立公園にあるHalls Gapの町へ到着。
HP:http://parkweb.vic.gov.au/explore/parks/grampians-national-park

13. クロージンゴロング国立公園

Photo credit: Felix Dance at English Wikipedia (Transferred from en.wikipedia to Commons.) [Public domain], via Wikimedia Commons

クロージンゴロング国立公園は、ビクトリア州最大級の公園。イースト・ギプスランドに位置するクロージンゴロング国立公園内の世界生物圏保護区には、100kmに及ぶビクトリア州極東部の手付かずの海岸線が続いています。
公園内には、キャンプ場が設置されており、水泳、ウォーキング、ボート、釣り、シーカヤック、バード・ウォッチングなどのアクティビティを楽しむことができるのに加え、4WDやマウンテン・バイクでのツーリングなどのベースとしても便利です。

クロージンゴロング国立公園/Croajinggolong National Park
住所:Gales Hill Track, Wingan River VIC 3891
電話番号:+61-13-19-63
アクセス:メルボルンから東へ450kmに位置。車で8時間。
HP:http://parkweb.vic.gov.au/explore/parks/croajingolong-national-park

14. 旧メルボルン監獄

Photo credit: Mertie . via flickr cc

1850年代に建てられた旧メルボルン監獄。監獄内では130以上の拷問道具や絞首台、死刑囚のデスマスクなどが展示されており、実際に肌と空気で犯罪と司法、そして監獄内で起きていたことに触れることができます。実際に絞首刑が実行された執行台が有り、どのように刑が執行されていたかも知ることができます。
夜に旧メルボルン監獄内をロウソクの灯火だけで回るツアーも実施されているので、違う雰囲気を味わいたい方はチャレンジしてみては?

旧メルボルン監獄/Old Melbourne Gaol
住所:377 Russell St, Melbourne VIC 3000
電話番号:03-8663-7228
営業時間:9:30~17:30
定休日:日曜日
料金:$25(ビジターセンターで割引券を使うと20%オフ)、ナイトツアー$38
アクセス:シティーサークルトラムのLa Trobe St.から徒歩すぐ
HP:http://www.oldmelbournegaol.com.au/

15. オーストラリア映像博物館

Photo credit: Alpha via flickr cc

オーストラリア映像博物館(ACMI) は、南半球で最大の映像とビデオアートに特化した博物館です。世界の映画、テレビ、デジタルメディアなどの映像文化をなんと無料で堪能することができます。
メルボルンで行われる人気の映画祭が行われる際にはACMIがメイン会場となり、オーストラリア国内の映画や海外の作品など、世界中から集められた作品が上映されます。

オーストラリア映像博物館/AUSTRALIAN CENTRE FOR THE MOVING IMAGE
住所:Federation Square, Flinders St, Melbourne VIC 3000
電話番号: +61-3-8663-2200
営業時間:10:00〜17:00
定休日:クリスマス
料金:無料
アクセス:フリンダース ストリート駅の向かい
HP:http://www.acmi.net.au/

<3つのメルボルン観光のおすすめ旅行記>

世界遺産

1. 「一度は行ってみたい『世界遺産』Great Ocean Road」Nan Sasakiさん

Photo credit: Nan Sasaki「一度は行ってみたい『世界遺産』Great Ocean Road」

記事内でも紹介した、グレート・オーシャンロードに行った時の様子を美しい写真と共に紹介してくれているNan Sasakiさんのブログ。メルボルンで1番の見どころと言ってもいいほどの、グレート・オーシャンロードのおすすめポイントを見ることができます。

メルボルン

2. 「弾丸4日間!メルボルン&シドニー」Yokoさん

Photo credit: Yoko「弾丸4日間!メルボルン&シドニー」

メルボルン市内での楽しみ方や、記事内で紹介したヤラバレーのワイナリーを訪れた時の様子などを見ることができるYokoさんのブログです。

父子旅

3. 「オーストラリア父子旅 メルボルン編② シティ散策」Masayuki Okaさん

Photo credit: Masayuki Oka「オーストラリア父子旅 メルボルン編② シティ散策」

父と子でメルボルンのシティを電車で旅するMasayuki Okaさんのブログ。まだ小さな子供と海外を一緒に旅する姿はとても心が温まります。写真にも子供さんがたくさん出てくるので、癒されながらメルボルンの旅をチェックしてみてください!

おわりに

メルボルンの見逃せない観光スポットはいかがでしたでしょうか? 実は知らないだけで、魅力が散りばめられたメルボルン。リトルペンギンや国立公園などメルボルンでしか見ることのできない景色をその目でぜひ確かめて感じてくださいね! あなたの旅が素晴らしいものになりますように!

ライター:Ai Ogasawara
Photo by: Adam Kowalczyk「Australia」

関連旅行記

*Tomoaki Eto「メルボルン上空へ気球の旅」
*Manami Natsume「オーストラリア」
*Nan Sasaki「一度は行ってみたい『世界遺産』Great Ocean Road」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP