ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2016 : ZTE、4K出力対応のAndroid TVをOEM品として展示

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ZTE が 4K の映像出力に対応した Android TV セットトップボックスを CES 2016 イベントの展示ブースでひっそりと展示していたそうです。ZTE は CES 2016 イベントで「ZXV10 B800S2」という Android TV 製品を展示していました。これは、スクエア型の小型製品で、Nexus Play のように利用します。リモコンも付いているそうです。CES 2016 イベント中に ZTE から Android TV 製品の発表は行われていませんでしたが、内部的には開発していたようです。SoC の情報は不明ですが、2GB / 4GB LPDDR4 RAM、8GB / 16GB ROM、SD カードスロット、Wi-Fi a/b/g/n/ac(2×2 MIMO)、Bluetooth v4.1、HDMI パススルー対応の HDMI 2.0 端子、RJ45 端子を搭載するなど、スペックは Android TV の中ではかなりハイエンド。ただ、 ZXV10 B800S2 は ZTE ブランドで販売するものではなく、他社に供給する OEM 品として開発されているそうです。Source : AusDroid

■関連記事
OSをAndroid 6.0にアップデートした「Chuwi Hi8」の動作映像が公開
Android WearからGoogle Fitのトラッキングが開始できるようになった
BlackBerry、今年後半にもBlackBerry 10.3.4をリリースする予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP