体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冷蔵庫2015年モデル検証シリーズ④〜東芝 FMシリーズ・華紬『GR-J610FM』王道保守の裏に職人技術 編!

GR-J610FM_XT_閉じフリ

2015年モデル「冷蔵庫」特集、前回のパナソニック編の次は日本を代表する保守派メーカー・東芝による和の美しさあふれるテクスチャーと大容量、中段にある野菜室が特徴の『FMシリーズ・華紬 GR-J610FM』(市場予想価格 税込約342,000円・2015年10月発売)を検証する。※冷蔵庫選び全般の予備知識はこちらを参照してほしい。

野菜室は真ん中がいい〜東芝が守る真の意味でのコンサバティブ

東芝(TOSHIBA)と聞いてどんな企業イメージを思い浮かべるだろうか。長年「サザエさん」のスポンサーを務める保守的な家電メーカー。それが記者の持っていた東芝へのイメージだったが、今回の取材を通じて、その思いはさらに強まった。

CR5_2541

もちろんそれは悪い意味では全然ない。パッと目を惹くような新機能で勝負するわけではないが、さながらいぶし銀の名俳優が演技と感じさせない名演技をするように、さりげなく寄り添ってくれる。こちらから冷蔵庫の最新機能に合わせる必要は一切無い。日々の相棒としてキッチン作業をアシストしてくれる使いやすい冷蔵庫。そのもっとも象徴的な機能といえばやはり、「まんなか野菜室」である。

その昔、15年ほど前までは、どのメーカーの冷蔵庫も野菜室を真ん中(中段)に配置していた。月日は流れ、現在は東芝だけが「まんなか野菜室」をキープしている(※シャープ製一部機種に例外あり)。

CR5_2551

「やはり野菜はしゃがまずに取り出したい」
そう考える人にはもはや東芝一択。事実、一般的に冷蔵室はともかくとして、冷凍室よりも野菜室の方が開閉頻度が高いとされている。よく使う方が手元に近いのは理に適っている。そしてこの点だけで東芝の冷蔵庫を選ぶ人がとても多いとメーカーの人間も言っていた。この野菜室の位置だけで冷蔵庫を選ぶというのも充分アリな気がするほど象徴的な機能である。

忘れてはならない「マジック大容量」68.5cm幅で600L!

位置の問題も大事だが、冷蔵庫で重要なのは容量。もちろん大きければ大きいほどたくさん入るのだが、幅が大きくなってしまっては設置自体が困難になることも多い。その点この『FMシリーズ・華紬 GR-J610FM』は9年前の自社モデルと比べてプラス105Lの大容量を実現した。

1 2 3 4 5 6次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。