ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

腫れまぶた解消のための秘策 一日20秒ストレッチのやり方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 家族や友達と過ごす楽しい時間に、いつもより多めにお酒を飲んだり、普段よりもゆっくりと朝寝坊したり、1月は少し自分に甘くなる時期。

 そんな生活習慣の中から起こりがちな視界を遮るような、朝起きたときの「腫れぼったさ」。これは「リンパの流れ」と大きな関係があると言うのは、後藤学園附属リンパ浮腫研究所所長の佐藤佳代子さんだ。

「腫れぼったさの正体は、細胞と細胞の間に溜まった“水”なんです。この水は血液で運ばれ、血管から染み出し、細胞に栄養を渡し、そして多くは血管に戻るのですが、戻りきらなかった分はリンパ管を通って回収されます。しかし、リンパ管の回収能力には限界があるため、 お酒や塩分等の過剰摂取で細胞の間に大量の水が染み出すと、寝ている間にリンパ管はそれを回収しきれなくなります」(佐藤さん、以下「」内同)

 腫れぼったさは、水の回収能力不足ということ。

「その能力を上げるケア方法に、リンパドレナージというマッサージがおすすめです」

 さらにマッサージに加えて、「腹式呼吸」も効果的だとか。

「腹式呼吸をすると、全身のリンパ管が刺激を受けて、リンパの流れがよくなります。まぶたを含む顔のむくみの解消には、肩回しをした後に、腹式呼吸をするのが効果的です」

 肩回しをした後に、へその下あたりに両手を置き、息を吸ったときにそこが膨らむように意識しながら、ゆっくりと腹式呼吸を5回してみよう。

 美容ジャーナリストの永富千晴さんは「たるんだまぶたも、リフトアップすれば、お望みの形にできますよ」とメイクの面から、腫れぼったいまぶたの解消法を教えてくれた。

「目の際からしっかりビューラーで立ち上げます。アイラインは年を重ねるときれいな線をひきにくくなるので、まつげの根元を点で埋め込むように縁取ります。マスカラはまつげを長くするタイプがおすすめ。やはり根元から持ち上げるようにつけます」

 このテクニックは、まぶたが腫れたときだけでなく、普段から使いたいもの。

「日頃から目を意識してケアすることが重要です。まぶたが重いと、額でそれを持ち上げようとして、しわの原因になってしまうので、額を手で押さえて、目の力だけで上に10秒、斜め上に10秒とストレッチをするのを習慣に。まぶたは垂るみ始めると、元に戻すのは大変なんです。予防が何より大事です」

※女性セブン2016年1月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
二重がひと重に戻った美元 あまりにすぐ戻ったと整形医驚く
高須クリニック院長の整形手術代 額105万円、頬・顎126万円
祝ノーベル賞! iPS細胞の基礎から可能性までが分かる本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。