ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレビ業界恒例の番組打ち上げ 視聴率との関連性やいかに?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、テレビ業界の番組打ち上げ事情を解説。

 * * *
 経費削減の折、昔のように派手な打ち上げを行う番組は「もうない」と言っていい。予算だけではない。視聴者のテレビ離れが急速に進むなか、「視聴率が大してとれていないのに、派手なことをやるわけにはいくまい」「恥ずかしい」と自粛する番組責任者の声も聴かれる。

 それでもまだドラマ班からは華やかな打ち上げの様子が漏れ聞こえてくる。大手プロダクションに所属する俳優たちへの局側の気遣いから豪華な会場に。そしてプロダクション側からも競うように豪華景品が用意されることも昔とあまり変わらない。

 だが、情報番組やバラエティ番組のそれは、本当に地味になっている。発泡酒と紙皿に載った乾き物で「スタジオの前室で」とか「局内のカフェや食堂で」というケースだらけだ。

 とはいえ、スタッフや出演者が集まって交流を深めるのは番組作りにとって重要なこと。私が担当する某番組は、年に一度、制作スタッフ全員がMCを囲む食事会があるが、その際は、あえて、ふだんMCと話すことのないADさんたちの席をメインテーブルに置き、短い間ではあるがMCと交流をもってもらうようにプロデューサーが配慮している。

 こうした、ちょっとしたことでスタッフの士気が上がることは間違いないし、放送作家として私には「演者やスタッフが仲のいい番組はジワジワと視聴率が上がっていく」という持論があることも度々書いている。

 演者やスタッフに「独裁者」と呼ばれるような人がいて、みんながみんな、その人の顔色をうかがうばかりで何も言えないような、風通しが悪く、しかも打ち上げもないような番組は、いずれ廃れていく…。そんなケースを何度も見てきている。

 実は昨年末、初めて『情報ライブ ミヤネ屋』の打ち上げに参加させてもらった。

 同番組は大阪読売テレビ制作。コメンテーターの大半は東京から通っているので、打ち上げのときは、その日出演していた人が残ったり、たまたま大阪で仕事があったついでに立ちよるのが常。私は初めて年内最後のオンエア日のコメンテーターだったのだ。

 番組終了30分後から、同局内のカフェに月~金のスタッフがほぼ全員集合。同局のエライさんも集まるなか、司会進行をつとめたのは、番組に関わって日が浅い男性スタッフだった。

 関西の番組らしく、串揚げや粉もんが並ぶなか、打ち上げのメインは、番組でもおなじみの特製巨大ボードを使った“スタッフの素顔”だった。

 ここを仕切ったのが番組MCの宮根誠司さん。それまで飲んだり食べたりしていた参加者は昔の街頭テレビに群がる人々のように、全員がボードに注目。ADさんたちは体育座りでフロアに整列し、宮根さんの絶妙な進行を見守った。

 餅は餅屋で、番組の打ち上げには、この日のために担当者が編集したVTRが流れるものだが、『ミヤネ屋』では、新たに加わった曜日プロデューサーの隠し撮りをしたり、家族のインタビューを撮ったり。さらには、スタッフにアンケートを取ったり、東京に異動した元スタッフにもメッセージを貰いにいったり…と、それはそれは凝った内容。

 それに応えるかのように、宮根さんの話術や仕切りも絶好調だし、同日のコメンテーターのデーブ・スペクターさんのスイッチも最後まで切れることなく(!)、オンエアしないのがもったいないような内容だった。

 驚くのは、宮根さんが100人は優に超えるスタッフの名前をキッチリ覚えていて、誰がいつ、どんな演出をしたか、どんなVTRを作ったか、どんなこだわりをもっていたかなどが頭に入っていることだった。

 さらに驚くのは、さすがは関西人だらけの現場だけあって、入りたての女性ADさんでさえ、短い挨拶にちゃんとオチをつけて喋れること。

 宮根さんは、前に出て来たスタッフ一人一人にマイクを振り、その話をすべて頭に入れて、関連のある話が出てくると、すぐにそのエピソードを重ねてみせる。まぁ、それは見事な話術だった。

 打ち上げでMCが頑張る情報番組というと、もう一本思い出すのがTBS系の“昼の顔”ホンジャマカの恵俊彰だ。

 恵さんは、いまでこそ『ひるおび』で同時間帯トップの視聴率を稼ぎ出しているが、実は同局の午後のメインとして『ひるおび』は4本目だ。私は『ひるおび』になるまでの3本(『マル特情報とってもインサイト』『きょう発プラス』『2時っチャオ!』)に出演していて、後半は既に高視聴率が出ていた。

 だが、『~インサイト』の頃は毎週5連敗。つまり、すべての曜日で他局の生ワイドに負けていたのである。

 その頃から恵さんは、スタッフや出演者を連れて、しばしば赤坂の街に繰り出していた。TBSがある赤坂が大衆的な居酒屋がひじょうに多いこともあったのか、まだ陽が高いうちから私たちは居酒屋で恵さんを囲むことが多かった。

 視聴率が上がっていく理由は「打ち上げが多いから」「打ち上げが楽しいから」だけではもちろんないが、カメラがまわっていないところでもMCが率先して場を盛り上げたり、スタッフの名前を呼びながら、エピソードを広げてくれたり、たとえ失敗したことでも笑いにもっていってくれたりしたなら、番組の雰囲気はよくなっていくに決まっている。

 メインの演者や番組トップの思いがスタッフ全員に同時に伝わるのは打ち上げの場であると言っても過言ではない。

 年末年始の番組視聴率が出揃って、各番組の年間平均視聴率の数字が貼り出されているテレビ局も多い。繰り返し書いているように、昔のように派手な打ち上げを頻繁にはやれない“事情”はあるのだが、いまではお茶も出ない企画会議にプロデューサーが差し入れてくれたり、生放送や収録後、演者から「高視聴率御礼」の“気持ち”が示されたときの“効果”は抜群だ。

 これ、テレビ業界だけの“効果”ではないと思うのだけれど…。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小倉智昭 「視聴率貯金」で『とくダネ!』関係者160人旅行
視聴率0%台続く薬丸新番組 スタッフの薬丸頼りに本人戸惑う
フジ27時間テレビが大惨敗 カリスマ演出家に誰も意見できず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。