ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海洋ゴミを回収して建設 「海中都市」が近未来すぎる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に実現させようとしている建築家がいます。もしかしたら、近い将来、人類の生活の場は海の中。なんてことが実現するかも!?

海洋ゴミを再利用して
海中に未来型都市を建設!?

2015年6月、ポルトガルで「世界海洋サミット」が開催されました。議題に挙がったのは、近年深刻化する海洋ゴミ問題。昨年2月に実施された調査チームの発表によると、現在、世界の海を浮遊するプラスチックゴミの総量は、およそ1億3,000トン。更にその量は、毎年約500〜1,300トンずつ増えている計算に。

この、海を汚し続けるプラスチックゴミを回収したうえに、再利用し、人間が生活できる海中都市をデザインしようというのが、ベルギー人建築家のVincent Callebaut氏の壮大なプロジェクト「AEQUOREA」です。空の上から見れば宇宙船のようにも見えなくない。ところが、海の下へ目を向けてみると…。

クラゲから着想を得た
持続可能な浮島

Callebaut氏のデザインがいかに斬新奇抜かを説明するには、海中に目を向ける必要があります。思わず絶句、もしくは吹き出してしまいそうなこの海の中のイメージ。これはもしや…そうです、クラゲ。彼は、浮島の形状をオワンクラゲの姿から着想を得たんだそう。このクラゲ型海中ビル建設の基本構造の一部に、3Dプリントを用いて、海洋プラスチックゴミを再利用しようというのです。

Callebaut氏によると、AEQUOREAの建設予定モデルは北太平洋をイメージしているんだとか。ここには、海流に乗って流れてきたゴミが集中する海域「太平洋ゴミベルト」があります。つまり、こっちから海流ゴミを回収にしいかなくても、潮の流れで集まってくるエリアに設置することで、効率よくゴミを減らし、都市を建設しようという試み。

それぞれのユニットは、約2万人規模の人々が生活する居住空間、レクリエーション施設、ビジネス空間にセクションが分かれる予定。さらには、水面より上では野菜や果物を栽培し、人々の食料となるようです。

1,000mの深海で水耕栽培?
自給自足できるらしい


では、海の中にだらーんと垂れた無数の触手は、どのように使われるのでしょう。実はこれ、開いたり閉じたりしながら、波や海流の影響、さらには強風による構造全体の揺れを軽減するためのものだとCallebaut氏。

これだけで本当に大丈夫?かどうかはさておき、触手が開ききった際の幅が約500メートル、海中はおよそ1,000メートルの深さに達し、そこでは科学技術を応用し藻類、プランクトン、貝類などを飼育する水耕栽培可能なプラント併設をイメージしているようです。この発想力がスゴい!

2065年、人間の生活の場は
海の中かも知れない


まるで巨大水族館。ユニット内にも草木が生い茂り、地上と同じような憩いの場が設けられている(予定)。

窓の外にイルカやシャチが見える居住空間。

Callebaut氏のコンセプトは、今から50年後の2065年を描いたもの。この壮大な海中都市計画が実現するか否かは、また別のお話。ですが、もしもこのまま地球温暖化が進み、海面上昇に歯止めがかからないとしたら…。未来を見つめる建築家のアイデアを、荒唐無稽だなんて笑ってはいられないのでは?

Licensed material used with permission by VINCENT CALLEBAUT ARCHITECTURES PARIS

関連記事リンク(外部サイト)

どんなに貧乏でも、私が決して「ファストファッション」に手を出さない理由
オオカミを放った国立公園で、20年後に「すごいこと」が起こった
「あなたの洋服は、私たちの血でできています」。現地労働者が告白する、ファストファッションの裏側

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP