ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『HUNTERxHUNTER』が『UNTERxHUNTER』だった件

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ずっと新刊発行が止まっていた人気漫画『HUNTERxHUNTER』(ハンターハンター)の最新刊がついに発売され、コンビニエンスストアや書店に大量入荷しています。週刊少年ジャンプでも連載が再開されるという話があり、ファンにとって非常に嬉しい状況と言えるでしょう。

しかし、『HUNTERxHUNTER』の最新刊である29巻を購入した人たちから、こんな声が出ているのです。「あれ? UNTERxHUNTERって書いてあるぞ?」という声です。単なるセリフの誤植ならまだ許せるかもしれません。しかし今回はレベルが違いました。

かなり目立つ、もくじページの大きな漫画タイトル文字が「UNTERxHUNTER」になっていたのです。ウンターハンター? アンターハンター? しかしこれに対して怒っているファンは少ないようで、少なくともインターネット上ではネタとして笑われているようです。

また、こういう大きな誤植はコミックスに価値がつくことがあります。コミックスの大きな誤植はある意味プレミアともいえ、修正される前のコミックスは価値が出ることがあるからです。価値が出るといっても部数が多いとプレミアレベルにはなりませんので、今回の『HUNTERxHUNTER』29巻はさほど価値が出ないかも?

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「pinky」が執筆しました。[リンク]

■ゴールドラッシュの最新記事
フジテレビの韓国推しに対してネットのスポンサー不買運動が激化! 『花王』は犠牲に……
フジテレビの番組スポンサーが慌て出す? 韓流推し騒動でマイナスイメージに危惧
フジテレビお台場合衆国の人気No.1メニューが『冷やし韓国』 「露骨過ぎ」との声
岡村が27時間テレビの騒動について言及「あくまでコント、ブログ炎上させた奴はアホ」「ちょっとコントに失敗しただけ」
韓国人のほとんどの人はカレーをぐちゃぐちゃに混ぜて食べる! カレー以外の食べ物もまぜまぜ

ガジェ通ゴールドラッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。