体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年注目度バツグン!京都・大阪の話題スポット6選

八坂庚申堂

京都府、大阪府には2016年から話題を独占してしまいそうな、魅力的なスポットがいくつもあります!申年を迎える2016年だからこそ、ふさわしいスポットや、新たにできる大型複合施設、定番の人気スポットなど盛りだくさん。関西の話題スポットをご紹介します!

デートに、家族旅行に、ご夫婦に、一人旅に。あらゆる場面で楽しめるスポットばかりです。

1.猿丸神社

健やかな一年の始まりは、秘密のさるスポットから

猿丸神社神社の起こりは不詳の上、謎多き歌人ゆかりの古社とあってミステリアス。社殿は正保2(1645)年に建立されたと伝わる 1601_kansai_01_048 ことわざ「猿に烏帽子」を覆すフォーマルなお姿! 猿丸神社 猿丸大夫の子孫から寄贈された像が本殿を守る 猿丸神社 表参道の鳥居前では夫婦猿がお出迎え 猿丸神社 本殿に供えられた木のこぶで病むところを撫で

「奥山に~」で知られる小倉百人一首の和歌を読んだ三十六歌仙のひとり、猿丸大夫が祀られている。謎に包まれた歌人を静かな山中に祭り、おサルを神の使いとする信仰が境内随所に見られます。

猿丸神社 岩や木に多い夫婦円満のシンボルも、おサル 猿丸神社 手水舎で龍神の代わりに飾られるのも、役を担うのはおサル 猿丸神社 境内の色んなところにおサル!

病の平癒に霊験あらたかと伝わっているので、一年の健康を祈願してはいかがでしょうか。猿みくじ(300円)は申年の運勢を占うのにぴったりですよ。

猿丸神社 猿みくじ(300円)は申年の運勢を占うのにぴったり 猿丸神社 手足を揃えた姿に行儀を習う一刀彫りの身代り猿(2000円) 猿丸神社 願いを込めておサルの顔を描く絵馬(500円)も
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。