体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたも当てはまってない? “天職難民”に共通する7つの特徴

f:id:k_kushida:20160108171957j:plain

働く人なら誰しも自分にぴったりと合う職業、“天職”と出会いたいもの。しかし世の中にはそんな天職を見つけられる人がいる一方で、ずっと自分の天職を探り続けながら年を重ねてしまう“天職難民”も多くいます。

そこで今回は、「天職とは、得意なやり方でできて、かつ、心が喜ぶ仕事のこと」と語る天職コンサルタントの梅田幸子さんに、天職難民に共通する特徴と、天職を見つけるための方法について伺います。

天職がなかなか見つからない人に共通する7つの特徴

梅田さんによれば、天職難民には主に7つの共通する特徴があるそうです。

1. 「消費者としての好き」と「仕事としての好き」を混同している

テレビが好きだからテレビ局や制作会社、スポーツが好きだからスポーツメーカー、珈琲が好きだからカフェオーナーなど、よく好きなこと・ものと仕事を直接的に結びつけて天職と考えがちですが、好きなことに関わる仕事が必ずしも天職になるとは限らないと梅田さんは言います。

「テレビを見るのが好きであることと、企画・構成・リサーチ・キャスティング・シナリオ作成・備品やお弁当の手配・取材撮影交渉・撮影・編集といったテレビ番組制作の業務は、まったくの別物。消費者としての好きと、仕事としての天職は異なるので、そこを混同すると仕事が務まらないのです」

2.「知識」は多いが、「体験」が少ない

「天職がなかなか見つからない人には、『真面目で勉強熱心』という特徴がある」と梅田さん。しかし、頭で学ぶこととそれを実際に行動に移すことの間には、大きな違いがあるのだそうです。

「本を読んだり、ネット情報を収集したり、スクールやセミナーに通ったりと学びに対して真剣に取り組みますが、行動に移さないため、『わかった』と『できる』の溝を埋めることができません。また、体験量が少ないということは、好きか・嫌いかを判断する材料が少ないということです。そのため、『したいことがわからない』状態に陥るのです」

3.損か得かを判断基準にしている

「有利な資格」「ニーズが高まる業界」のように、目先の損得で学びや仕事を選ぶことは、「天職難民まっしぐら」だと梅田さんは言います。

「いくら有利な資格を持っていても、業界のニーズが高まっていても、適性がなければ天職にはなりません。 また、最近は就職先を『成長できそう』という理由で選んだり、『成長できない』という理由で勤め先を退職したりする人が増えています。上司やお客様から頼まれた業務を『成長できそうにない』と断る人の話もよく聞くようになりました。

そのような基準で仕事を選んでいると、表面的な知識やスキルしか身につきません。実際に取り組みながら、自分らしさを活かした仕事のやり方を磨いていないと、天職だと思える仕事と巡り合ったときに、力不足を感じる原因となってしまいます」

4.苦手の克服に時間を費やしすぎている

「苦手なことは、いくら頑張っても『それなり』にしかなりません。しかも、それが好きでなおかつ得意な人と比べると、スキルを習得するまでに何倍もの時間がかかります。苦手克服に時間を費やしていると、好きなことに取り組む時間がなくなってしまうので、なかなか才能を磨いて、得意な状態にまで伸ばすことができないのです」

また、梅田さんによると、嫌いなことを我慢しながら頑張っていると、自ずとストレスを最小限にしようと防御機能が働き、感情にフィルターがかかってしまうのだそうです。

ストレスや嫌だという気持ち、辛さを感じにくくなる代わりに、喜びや楽しさ、好きな気持ち、幸福感も感じにくくなってしまっては、自分のしたいことがわからなくなるのも当然ですね。

5.「もったいないから」と無理に過去を活かそうとする

仕事を選ぶときに「大学院まで行って建築の勉強をしたのに、他の仕事をするのはもったいない」「大企業を辞めるなんてもったいない」「成果を上げて周囲に認められているのに、この立場を捨てるのはもったいない」「勉強したんだから、知識を活かさないともったいない」と考えてしまってはいないでしょうか。

しかし、このように “過去のリソースを活かす”ことを軸に未来を描くのは、天職難民の特徴なのだそうです。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy