ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『クリード2』製作はほぼ決まりか!スタローン、「アポロを復活させる」アイディアを明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本でも公開中の「ロッキー」新シリーズ『クリード チャンプを継ぐ男』で再びロッキー・バルボア役を演じたシルヴェスター・スタローンが、すでに『クリード』続編の構想があることを明らかにした。

1億ドル(約118億円)を売上げ、MGMのCEOゲイリー・バーバーも『クリード2』が製作されることについて言及しており、現在ハリウッドで引っ張りだこの主演、マイケル・B・ジョーダンも、アドニスの次のステップを描くことに意欲を示している。しかし、現状最も大きな問題は、すでにライアン・クーグラー監督がマーベル映画『ブラック・パンサー』の監督に内定していることだ。2017年11月に公開を予定しているこのプロジェクトに加わると、2年間は『クリード』から離れることとなる。スタローンの「少々時間はかかる、少なくとも3年はかかるだろう」という発言からも察することがきでる。

一方で、このヒット作の続編プロジェクトをいち早く進めるために、クーグラー監督にはエグゼクティブ・プロデューサーという肩書を残して進める方法も検討しており、脚本など構想に関してはスタローンとクーグラー監督でアイディアを出しているよう。

注目すべきは『ロッキー4』の劇中で死亡したアポロ・クリード役のカール・ウェザースを回想シーンで登場させるアイディアだ。スタローンも「『ゴッドファーザー・パート2』のようなイメージ」と語るように、昔に遡り若かりし日のアポロを描く物語が劇中に加えられる可能性もあるという。

https://youtu.be/JQ9OhBYjTds

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』全米歴代興行収入1位に!20日間で『アバター』超えの大ヒットを記録
Hey!Say!JUMP 中島裕翔のある趣味がガチすぎると話題に 「完全なヲタ」「好感度上がる」
【衝撃】おぎやはぎの小木、「ディズニーシーの幹部候補生」だった過去を告白→辞めた理由も面白すぎるwww
『クリード2』製作はほぼ決まりか!スタローン、「アポロを復活させる」アイディアを明かす
アデルがプライベート丸出しなジム写真を公開、「これがあのアデル!?」と話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP