ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【男と女の本音大暴露】帰りたいVS帰さない!! 終電をめぐる男と女のデスマッチ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人間は2つのタイプに分けることができる。終電で帰りたい人間と、終電で帰りたくない人間の2タイプである。

……と、いうのは少々オーバーですが、終電前の繁華街で男女間の駆け引きが繰り広げられているのは、割とポピュラーな光景といえるでしょう。

 

終電を逃してしまいたい人と逃したくない人の間では、どのような駆け引きが繰り広げられているのか、アンケート調査を行いました!

 

今夜は君を帰さない! 男たちの熱き戦いがそこにある!!

女性とともに終電を逃してしまいたい男性陣。一体どんな手練手管を使っているのでしょうか?

「0時を回ったら、そこからいかに盛り上げるかが勝負だと思っています。女の子に携帯や時計を見るタイミングを与えないように、とにかくしゃべりまくります。多少女の子がソワソワしだしても、そこは気付かないフリで!」(男性 26才 広告系)

「終電が近付いてきたら、なるべくトイレには立たないようにしています。その間に終電の時間をチェックされて、戻ってきた瞬間に『そろそろ時間が〜』なんて切り出されることもありますから」(男性 29才 不動産)

女の子を帰さないためなら、自分の尿意すら犠牲にするとは……。

ロックオンした獲物は逃さない!! とばかりのギラつきが眩しい、20代男性の回答。
おいおいと思ってしまう反面、肉食系男子は絶滅していなかったのね、と変にホッとしてしまう気持ちも禁じえません。

 

「女の子が一人で家に帰りたくなくなるような、めちゃくちゃ怖い話をします」(男性 33才 SE)

今夜は帰さないぞ作戦が軽い嫌がらせに近付きつつあります。

 

「話し方が上手くないせいか、まだ作戦成功したことないんですよね。毎日、稲川淳二の怖い話を聞いて勉強しています」と話す彼。努力の方向性が絶対的に間違っています。

「酔った勢いで、帰ろうとする女性の終電に自分も飛び乗ったことがありました。
『テヘヘ、乗っちゃった☆』みたいなノリでなんとかなるかな? と思いましたが、女性が完全にドン引きした目でこっちを見ていて、一気に酔いが醒めましたね。丁重に謝って、次の駅でおりました」(男性 31才 営業)

うーん、終電に勝手に乗り込んで、「テヘヘ」で乗り切ろうとするのはさすがに無理がありますよね。
勇気は買いますが、強引なオラオラプレイが実を結ぶのは「※ただし、イケメンに限る」ってやつなので、諸兄方にはご注意いただきたいものです。

 

大人女子はチョロくない! なにがなんでも帰ります!!

対する女性はどのような防御策を練っているのでしょうか?

「脈のない男性と飲みに行くときは、終電20分前には携帯のアラームをセットしておきます。アラームが鳴ったら、話を全部ぶった切ってお会計の流れに持っていけますからね」(女性 29才 接客)

確かに、終電アラームが鳴ってもなお話を続けられる、戦国武将のごとき精神力を持った男性は稀でしょう。逆に、そこまでの胆力の持ち主なら、一夜を共にしてみてもいいような気がします。

 

「大人なので、タクシーを使ってでも絶対に帰ります。たとえ次の日が休みでも、急遽外泊なんて、お肌のことを考えると恐ろしくてできません!」(女性 35才 飲食)

ときめきにときめくことを卒業した、大人女子のリアルなご意見。「男は裏切るけど、日々のスキンケアは裏切りません」という切実なコメントが泣かせます。

 

大人の経済力を生かした上記の意見と対照的だったのが、

「絶対に帰らないといけないときは自転車で出かけます」(女性 26才 編集)

「自宅から徒歩圏内に男性を呼び出して飲みます。終電の時間を過ぎても、私は歩いて帰れますから。男性が終電を逃したら? 知りません。そこは自己責任で」(女性 24才 スタイリスト)

という、自分の足を信じる肉体派の回答。

なんていうか、そこまで警戒するくらいなら、もうその男性と飲みに行かないほうがいいのでは? 彼女たちは一体、何と戦っているのでしょう。

 

男女の思惑が火花を散らす終電直前のひとときのエピソードをご紹介しましたが、特に印象的だったのは、非常におモテになるという男性の回答

 

「無理矢理終電を逃させて女の子と一緒にいても楽しくないので、ちゃんと終電の時間は絶対に確認するし、時間が近付いたらどうするか女の子に聞きます。
その時のリアクション次第で『俺はまだもうちょっと飲むけどどうする?』と軽く誘いをかけます」(男性 34才 デザイナー)

確かに、思わず乗ってしまいたくなる誘い方……! さすがモテ男は違いますね。

この男性のケースのように、納得した上で終電を逃すなら男女ともに本望ですよね。

 

男女ともに人間性をくっきりと浮かび上がらせてしまう、終電前のデスマッチ。気になる異性とあえて終電近くまで飲んで本性を見破る、という使い方もできるかもしれません。

関連記事リンク(外部サイト)

男性の80%は「楽しい女性」が好き! じゃあ「一緒にいて楽しい」ってどのライン?
即サヨナラ!彼氏に絶対に着てほしくない“NG服”10選
【O型ってこんな人〜職場編〜】敵に回したら面倒な血液型No.1!?味方につければ100人力!
20代男性から見たアラサー女性は、恋愛対象としてアリ?
【実証】男性の9割以上が支持!? “ぽっちゃり女子ブーム”はホントにきてるの?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP