ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

子供たちの夢が宇宙ステーションに届く! 仙台七夕に願う「宇宙たんざく」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
110805utyuutanzaku01.jpg

子供たちの「夢」って、希望が詰まっていて、幸せな気分にさせてくれますよね。
そんなハッピーな夢で日本中を元気にさせてくれる「星に願いを!」プロジェクトが現在展開中です。
JAXAと日産セレナによるこのプロジェクトは、仙台七夕の日である8月7日に向け、子供たちが抱く未来への夢や願い事を「宇宙たんざく」に書いてもらうというものです。
同プロジェクトの特設サイトでは、「宇宙たんざく」に書き込むだけでなく、これまでに寄せられた願い事をみることもできるので、どんな願い事がよせられているのかな? と覗いてみました。
 
「ねがいランキング」の上位は「しあわせ」「うちゅう」「げんき」「えがお」といったキーワード。ポジティブな言葉が多いのは、やはり大震災に負けない気持ちの表れかもしれません。
「みんなが幸せになれる仕事に就きたい」「宇宙飛行士になりたい」といった応援したくなる夢や、「元通りになって笑顔があふれる日本になりますように」といった被災地の子供からの願いなど、パワフルな言葉がズラリと並んでいて、見ているだけで元気になれそうなんですよね。
なかには「世界征服」とか「お金持ちになりたい」といった現実的な願いもあって、思わず苦笑いしちゃうことも(笑)。
そんな風に、ついつい読み込んでしまいますが、サイトでチェックする際は音声を「ON」にするのがオススメ! 全国の子供たちが願い事を語っている音声が聞こえてくるんです。イノセントな声がほっこりと癒してくれるようで、これがまたいいんですよね~。
1つ1つに温かい想いがたっぷり詰まっているこの「宇宙たんざく」。なんと、8月7日に国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の古川聡宇宙飛行士の元へと送られ、宇宙から願い事を読みあげてもらえるというから凄いですね。
星に願うと夢が叶うと言いますが、地球からよりも宇宙から天の川に届けてもらう方が、より夢が現実になりやすいかもしれません。
ちなみにこの「星に願いを!」プロジェクトの特別サイトでは、「宇宙たんざく」以外にも、なんと宇宙服が当たるキャンペーン(応募締切8月22日17時)なども実施中です。夢いっぱいの言葉に元気と温かさをもらえるこのプロジェクト、1度チェックしてみてはいかがでしょうか。
「星に願いを!」プロジェクト
(田村朋子)


(マイスピ)記事関連リンク
8月6日は「伝統的七夕の日」! ライトダウンして七夕の星たちや天の川を見よう
言葉を失うほど神秘的! 谷川岳で星空の案内人がガイドする「星の鑑賞会」
みんなちがって、みんないい。星座のカタチは自由です[マイスピ宇宙散歩]

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。