ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホ・タッチで操作可能!「未来の黒板」がスゴイ・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

学校制度が始まり、100年以上。当然のことながら、その間に教科書やランドセル、文房具などは進化しています。しかし、唯一と言っていいほど変わらないもの…それが「黒板」。だからこそ、こんなプロジェクトが立ち上がりました!

こんな便利な黒板
子どもの頃に欲しかった!

全国の学校に普及しつつある「電子黒板」ですが、多くの人が使いこなせていない実態があるのだそう。そこで、アナログの黒板はそのまま活かし、センサー付きプロジェクターを設置することで投影を可能にした「ハイブリッドな黒板」が生み出されたというわけ。

これを使えば、こんなことができちゃいます!

01.
2点をタッチすれば
直線が引ける!

従来の黒板なら、キレイな直線を引くのは難しいもの。でも…

2点をタッチするだけで、簡単に直線が引けます!

02.
スマホから簡単に
ガイドを投影

“真っ黒”ではなく、罫線が引かれているなど、いろいろな種類の黒板があったら便利なのになあ…

スマホからガイドを投影すれば、楽譜や原稿用紙が完成!

03.
黒板がPC画面に変身

言葉で他人に説明するのは、非常に難しいこと。映像や写真を見せたほうがよく伝わるのに…と思うこともありますよね?

まさに「百聞は一見に如かず」。

04.
スマホでノートの
内容を映せる

これも、もうやめちゃいましょう。

スマホで撮影すると、ノートの内容がそのまま黒板に。

これは株式会社サカワと面白法人カヤックが共同開発した、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」のプロトタイプとして制作されたもの。そのため、同アプリの機能とまったく同じというわけではありません。

ただし、「教育ITソリューションEXPO」に出展した際には、やはり大きな反響を得たのだとか。確かにこんな黒板があったら、いろいろなムダが省かれ効率的な授業が実現できそうですよね!

Licensed material used with permission by 株式会社サカワ

関連記事リンク(外部サイト)

【最大時速45km】車輪に装着するだけで「電動自転車」になるパーツ
過酷な環境でも農作物が実る魔法の「グリーンハウス」
航空宇宙エンジニアが開発!「スマホ」を載せて飛ばせるドローン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP