ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイケル・ベイ、『トランスフォーマー』シリーズの5作目も監督へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マイケル・ベイ監督は、米パラマウントの映画『トランスフォーマー』シリーズの5作目でも監督を務めることを認めた。

数か月間の協議の末、ベイ監督は新作の戦争映画『13 Hours(原題)』のプロモーション中に、ローリング・ストーン誌に初めて伝えた。

『トランスフォーマー』シリーズの前作に出演したマーク・ウォールバーグが本作にも出演するとみられる。ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラがプロデュースする。

もっと見る:ハズブロ幹部、新たに『トランスフォーマー』続編を4本製作する計画を発表

ベイ監督は初期のシリーズ3作品に加え、シリーズ4作目として始めてシャイア・ラブーフ不在で製作された映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』を監督した。同作はジャック・レイナー、ニコラ・ペルツも出演し、ラブーフ不在にもかかわらず、全世界で10億ドル以上の興行収入を記録した。

次回作の設定の詳細はベールに包まれている。しかし、複数の情報筋は、ウォールバーグが『トランスフォーマー/ロストエイジ』での役を再演する唯一のキャストだと述べている。

この春、パラマウントは新たな『トランスフォーマー』の世界観を作り上げるために脚本家チームを立ち上げると発表した。映画の世界観は、続編最新作と共に、スピンオフ作品までも含まれるだろう。脚本家チームは、キヴァ・ゴールズマンによって監督され、ケン・ノーラン(映画『ブラックホーク・ダウン』)、アート・マーカムとマット・ハロウェイ(映画『アイアンマン』)が名を連ねている。

ベイ監督はWME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)を代理人としている。彼の映画『13 Hours(原題)』は1月15日に全米公開予定。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP