体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【今週公開のコワイ映画】2016/1/8号:『イット・フォローズ』、『クリムゾン・ピーク』、未体験ゾーンの映画たち2016[ホラー通信]

ItFollows

今週公開の怖い映画をご紹介します。

今週は話題のタイトルが2本、そして先週からスタートしている『未体験ゾーンの映画たち2016』の上映作品が公開。まずは、ひたすらゆっくり歩いてついてくる“それ”の恐怖を描いた『イット・フォローズ』。設定の妙・見せ方の妙でとんでもなく恐ろしいながらも、観たあとに一筋の爽やかな気持ちが残る青春ホラー。詳しくはホラー通信のレビューをご覧くださいね。[リンク]

お次はギレルモ・デル・トロ監督が自らもお気に入りの作品であり、“もっとも美しい作品”と称する『クリムゾンピーク』。幽霊が見える少女と秘密を抱えたお屋敷を巡るゴシック・ロマンス……なのですが、大変に恐ろしい亡霊が登場するようで……。[リンク]

そして、まだまだ続くよ『未体験ゾーンの映画たち2016』! 今週はゾッとするホラーにSFホラー、リベンジムービーのシリーズ最新作も続々公開。

それでは今週も、いってらっしゃい!

予告編が表示されない方はホラー通信をご覧ください

『イット・フォローズ』 1月8日公開

<ストーリー>
19歳のジェイはある男と一夜をともにするが、その後男が豹変。縛り付けられたジェイは「それ」に殺される前に誰かにうつせ、と命令される。

ゆっくりと歩いてくる「それ」はうつされたものにだけにだけ見える。「それ」はゆっくりと歩いて近づいてくる。「それ」は人にうつすことができる。「それ」はうつした相手が死んだら自分に戻ってくる。「それ」は他の人には見えない。そして、「それ」に捕まったら必ず死が待っている。果たしてジェイは、いつ、どこで現れるか分からない「それ」の恐怖から逃げきることができるのかー。

上映館:TOHOシネマズ新宿ほか全国公開
この映画の記事:【レビュー】ずっとついてくる“それ”ってなんだ? 『イット・フォローズ』は“性”と“死”をめぐる恐ろしい“逃げゲー”
リンク:映画公式サイト

『クリムゾン・ピーク』 1月8日公開

<ストーリー>
深紅に染まる山頂にそびえ立つ屋敷の、怖ろしくも美しい秘密とは?
イーディスは、幽霊を見ることができる。初めて見たのは10歳、死んだ母親だった……。やがてイーディスはトーマスと恋に落ちる。彼女の父親の不可解な死をきっかけに二人は結婚、トーマスの姉ルシールと一緒に屋敷で暮らすことに。冬になると地表に露出した赤粘土が雪を赤く染めることから、【クリムゾン・ピーク】と名付けられた山頂にある広大な屋敷。イーディスが新たな生活に慣れるにつれ、深紅の亡霊たちが姿を現し、彼女に警告する。
「クリムゾン・ピークに気をつけろ。」
果たして、その言葉の意味とは?そして、この屋敷に隠された秘密とは?

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。