体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

憧れのアメリカ生活!知っておきたいアメリカの物価とお金事情

Photo credit: KANA「【アメリカ・アイオワ州】ロードトリップの旅3日間。アメリカングルメ&大自然」

Photo credit: KANA「【アメリカ・アイオワ州】ロードトリップの旅3日間。アメリカングルメ&大自然」

TRiPORTライターのさとりんです。
海外旅行に行く時に気になるのが物価。
アジア圏は日本に比べ、物価が安くお買い物や食事を思いっきり楽しむことができます。また、スイスなどは物価が高くて旅行に行ったときに驚きました。
では、アメリカの物価はどうなのでしょうか?
アメリカの物価はだいたい日本と同じぐらいと言われていますが、何がお得で何が損なのでしょうか?
今回はアメリカの物価に関する情報を中心に、アメリカのお金に関する基本的なことをご紹介します。

アメリカの物価

アメリカと日本の物価はほぼ同じです。
アメリカでは州によってそれぞれ消費税率(SALES TAX)が異なります。
そのため、ショップやレストランでの金額は税金が含まれておらず、別途で州ごとの税金がかかってくるので気を付けましょう。
基本的には州ごとで決められている税率ですが、まれに街や郡ごとに、その税率にさらに上乗せした税率を適用している都市や町もあります。

<例>
ネバダ州(ラスベガスなど):7.75%
カリフォルニア州(ロサンゼルス、サンフランシスコなど):7.25%
ニューヨーク州:4%
(ニューヨーク市、マンハッタンなどは市税が追加され8.375%)

アメリカのお金(紙幣と硬貨)

Photo credit: Nic McPhee via flickr cc

Photo credit: Nic McPhee via flickr cc

紙幣:6種類
1、5、10、20、50、100ドル。

硬貨:4種類
1(ペニー)、5(ニッケル)、10(ダイム)、25(クォーター)セント。
※()内はその硬貨の別名
※数少ないですが、2ドル札や1ドルコインもあります。

使うのに便利なのは、1、5、10、20ドル札と、25セントです。
25セントはコインランドリーや自動販売機で必要になるお金なので、ストックしておくと便利ですよ。
50ドル札や100ドル札は、スーパーや小さなお店などで使用すると嫌がれることが多く、偽札ではないかチェックされるので、ホテルなど、大きな額の支払いの時のみ使用するようにしましょう。

国内で両替

日本円をドルに両替する場合、日本で両替をした方が格段にレートがいいので、事前に両替していきましょう。
ドルは、日本のほとんどの銀行で取り扱っている外国通貨で、三井住友銀行や東京三菱UFJ銀行などは、都内に外貨両替センターを複数店舗出しています。さらに、営業時間外や日曜日でも利用することもできるなど、とても便利です。
地方でも、大手銀行やゆうちょ銀行で両替できますし、出国直前に成田空港や関西国際空港の両替コーナーで両替することもできます。

日本で両替する時、「100ドルパック」、「200ドルパック」、「500ドルパック」、「1000ドルパック」の単位ごとにパッケージされていることが多く、そのパックの中に数種類のお札が入っています。

<例>
100ドルパック→20ドル×3枚、10ドル×3枚、1ドル×10枚など
もちろんパック以外に自分で自由にお札の種類、枚数を指定することもできます。その時は、金額の低い紙幣を多めに設定しましょう。

クレジットカードは必須

アメリカはクレジットカード社会です。ホテルの予約だったり、いろんな場面でクレジットカードが必要になってきます。ですので、クレジットカードは忘れずに持って行きましょう。
持って行くクレジットカードは、VisaかMasterがおすすめです。
しかし、チップの支払いやバスなどの交通費では現金が必要になってきますので、先ほどもお伝えしましたが、ある程度の現金は日本で両替しておきましょう。

その他にも、トラベラーズチェックや国際キャッシュカードなどもありますが、トラベラーズチェックは、旅行者をターゲットにしているところでしか使えないことが多いので、トラベラーズチェックに頼ることはやめましょう。
国際キャッシュカードは、自分の口座から現金を引き落とすことができ、とても便利ですが、レートがよくないので、現金がなくなった場合などのサポート手段として、用いるのがいいと思います。

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy