体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KANA-BOON、ニューアルバム『Origin』初回生産限定盤特典の詳細を解禁

KANA-BOONが2月17日に発売するニューアルバム『Origin』の初回生産限定盤に収録される特典音源&映像の内容が、1月7日よりスタートした「SCHOOL OF LOCK」内のレギュラー「走る!!教育実習生 KANA-BOON LOCKS!」にて発表された。

KANA-BOON (okmusic UP's)

ニューアルバム『Origin』は、2015年リリースされ、話題を呼んだシングル「なんでもねだり」「ダイバー」「talking」、そしてアルバム先行シングルとして1月20日リリースされる「ランアンドラン」を含む、充実の全12曲が収録されている。

初回生産限定盤Aには、KANA-BOONの全国デビュー直前、地元大阪にて5ヵ月連続レコ発企画として開催された自主企画イベント「KANA-BOONが人間をつくります。」にて毎月2曲ずつ会場限定100枚で販売された楽曲を1枚にまとめたCDを付属。新録楽曲4曲に加え、インディー盤『僕がCDを出したら』収録の「クローン」「見たくないもの」の再録音源、メジャーデビュー後に発表された「かけぬけて」「MUSiC」「目と目と目と目」の再mix音源等を含む全10曲入りCDとなっている。KANA-BOONの“起源:Origin”ともいえる、デビュー前にして才気迸る楽曲群。『Origin』と対をなす、もう一つの傑作アルバムだ。

さらに初回生産限定盤Bには、シングル「なんでもねだり」初回生産限定盤に収録され大好評を博した企画Music Video「ないものねだり THE PARODY」(「なんでもねだり」初回特典DVD)に続く、パロディー企画第2弾、第3弾を収録した総尺約54分に及ぶDVDを付属(メイキング、コメンタリー付き)。ファンにとっても、初心者にとっても間違いなく大満足で楽しめる、盛りだくさんな内容となっているので、是非発売を楽しみにしていて欲しい。

【リリース情報】
シングル「ランアンドラン」
2016年1月20日発売
KSCL2685/¥926+税
※初回仕様:どうでもいいオマケ009封入
※ツアー幕張〜福岡公演チケット先行抽選受付シリアルナンバー封入
<収録曲>
1. ランアンドラン 
2. I don’t care

アルバム『Origin』
2016年2月17日発売
【初回生産限定盤A】(2CD)
KSCL2686〜2687/¥4,200+税
※三方背BOX+デジパック+64Pスペシャルブックレット仕様
<収録内容>
■DISC 1(CD)
1. オープンワールド
2. 机上、綴る、思想
3. なんでもねだり
4. ランアンドラン
5. anger in the mind
6. インディファレンス
7. talking
8. グッドバイ
9. 革命
10. ダイバー
11. スタンドバイミー
12. Origin
■DISC 2(CD)
KANA-BOONが人間をつくります。
1. 見たくないもの ★★
2. 目と目と目と目 ★★★
3. MUSiC  ★★★
4. ピアスを開けた ★
5. talking
6. うそばっかり ★
7. クローン ★★
8. かけぬけて ★★★
9. 僕らはいつまで経ってもさ ★
10. Construct Connect ★
※★:新録 / ★★:再録 / ★★★:New Mix

【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
KSCL2688〜2689/¥3,500+税
<収録内容>
■DISC 1(CD)
1. オープンワールド
2. 机上、綴る、思想
3. なんでもねだり
4. ランアンドラン
5. anger in the mind
6. インディファレンス
7. talking
8. グッドバイ
9. 革命
10. ダイバー
11. スタンドバイミー
12. Origin
■DISC 2(DVD)
1. KANA-BOONの企画会議 その1
2. 盛者必衰の理、お断り THE PARODY Music Video
3. KANA-BOONの企画会議 その2
4. 結晶星 THE PARODY Music Video
5. こいずみのたたかい
6. 盛者必衰の理、お断り THE PARODY オフショット
7. 結晶星 THE PARODY オフショット
( APPROX. 54min )

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy