ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

直木賞作家・辻村深月の温かい人柄伝わり短編も入るエッセイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『図書室で暮らしたい』辻村深月/講談社/1620円

 ホラーやミステリーが好きになるきっかけになった松本洋子の漫画『見知らぬ街』。小野不由美の上下巻の大作『屍鬼』の重さで、お気に入りのバッグが壊れた 思い出。ドラマ『相棒』への愛といったお気に入りの作品のこと。

 ミステリー作家の綾辻行人の大ファンだった少女時代からOLを経て作家になり、直木賞を受賞するまでの軌跡。日常生活や子育てのことなどを綴ったエッセイ集。
 
 短編『おじいちゃんと、おひさまのかおり』や、詳細な自作解説まであり、著者のすべて がわかる。

※女性セブン2016年1月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
人気ドラマ『相棒』のオリジナル中編小説を計2作収録した本
「取り調べでカツ丼は出る?」など警察の実態を解説した一冊
65万部『謎解きはディナーのあとで』最新話が雑誌に全文掲載

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP