ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箱根駅伝 完全中継貢献の74才・元プロデューサーの奮闘と矜持

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 正月の恒例行事といえば、箱根駅伝。毎年、中継を固唾を飲んで見守るというファンも少なくないだろう。箱根駅伝が開始した年は1920年だが、完全生中継が始まったのは1987年だ。

 その箱根駅伝完全生中継生みの親は、元日本テレビプロデューサーの坂田信久さん(74才)。生中継実現には大きなドラマがあったというが、本人から箱根駅伝に込めた思いやその中継の舞台裏について聞いた。

 * * *
 入社1年目に箱根駅伝を取材して、素晴らしいレースだと感じ、中継をしたい! と思いました。お正月はお笑い番組や歌番組ばかりだから、そうしたなかで若者のはつらつとした姿を放送すれば、そのレースに感動する人は絶対にたくさんいると思ったんです。

 でも、当時は技術が追いついていなかった。200kmを超えるコース、ましてや山の上を走ります。電波というのは、葉っぱが1枚間に入っても遮られてしま う。箱根の山をテレビが制することは不可能に近かった。だからこそ、中継したい、という私の思いは20年近く心の中にずっとあるものだった。

 そうした中で、技術も進歩し、同時にマラソンブームが起きて、イベントの数も中継の数も増えました。そこで考えたのが、今も続いている「今昔物語」。うまく中継できない区間の間はそれまでの過去の話や、出場選手の秘話などを流そう、と思い当たりました。箱根駅伝というのは、感動する話やドラマチックなことが詰まっている。

 それを事前に取材、編集してつなごうと決めたんです。そして1986年の春に企画書を 出し、6月に実現することが決まりました。“箱根駅伝は関東の大会じゃないか”という声も上がりましたが、それは違う。走っている選手は全国から来ています。その出身地もしっかり字幕を入れる、そうすることで出身地の人も喜ぶ、そう言って説得しましたね。

 スタッフの宿泊施設探し、撮影マニュアル作成、天候不良になったときの対策など準備を重ね、1987 年1月2日、完全生中継が始まりました。翌日3日は、曇り空でヘリコプターが飛ばせないという事態に陥りましたが、対策をとっていたので慌てずに対処ができた。

 放送が終わった瞬間、放送センターにいた全員が「やったぞ!」と歓声をあげました。涙を流しているスタッフもいました。

 挑戦、努力、協力の末につか み取った感動でした。以来約30年間、高視聴率をキープしています。駅伝の中継は“常にたすきを追う”ことが基本です。そして、そこに生まれるドラマを見せること。

 1991年、早稲田の1年生だった櫛部静二くんがエースとして 2区を走りました。1位で走り出し快調に走っていたけれど、中盤過ぎでどんどんスピードが落ちていった。たすきをつなぐときには13人に抜かれ、足下はふらふら。

 カメラはその様子を追い続けました。レース展開より、トップの動向より、それが視聴者が最も見たいシーンだと思ったからです。ハラハラ、ドキドキ、そんな映像を視聴者に伝える、それが中継です。後輩に伝え続けていることがあります。

“テレビは箱根駅伝を変えてはいけない。時代が変わっていけばいくほど、変わらない箱根駅伝が評価される。箱根駅伝はその歴史を同時に放送できなければ意味がない。走った選手、関係者、沿道の応援、箱根駅伝にかかわったすべての人の思いを伝えなければ、箱根駅伝を中継したとは言えない。箱根駅伝を中継してあげているのではなく、中継させてもらっているという気持ちで仕事をするように”。

 今年は、自然災害も心配されましたが、テレビ局も地元のかたも、警察もきちんとした訓練と対策をとっていた。どこで何が起こっても対処できる準備をしていました。箱根駅伝にかかわれたことを感謝しています。その気持ちを忘れずに、これからもかかわっていきたいんです。

※女性セブン2016年1月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
箱根駅伝の新勢力・東洋、青学、上武などから駅伝を語った本
箱根駅伝の関係者ら 「中止」という言葉に敏感になっている
高卒40代男性「一応受験したから」と箱根駅伝出場大学を応援

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP