ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もしもの事態 遺された人のために家系図・葬儀要望等用意すべき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 もしものことがあった時、慌てないための必要事項や、自分や家族のこと、葬儀やお墓、介護など、項目別に自分の思いを記しておけるのが「私ノート」。こうしたノートはいざという時のために用意しておくべき。ここでは、書く上でのポイントをお伝えします。

【私について】
 各所の連絡先をはじめ、健康保険証やマイナンバーなどの番号は、いざという時に必要になる。ただし、大切な個人情報なので、上から紙を被せて貼るなど安易に見られないよう充分注意を!

【家系図】
 相続を考えるときにも役立つ家系図。名前の横に連絡先や故人の場合は戒名や病名を。欄に書ききれない場合はその他の欄に。家紋や、家族の一員であるペットの情報も忘れずに。

【好きなもの、思い出、大切なこと】
 家族でも意外と知らない個人の好み。書いておけば介護時の話題の種にもなる。思い出や大切にしていることも、改めて考えてみると自分を再発見でき、前向きに生きるヒントに。

【葬儀・お墓について】
 葬儀への思いやお墓についても、元気なうちに自分の思いを書いておきたい。費用を用意していても家族が知らなければ無駄になる。旅立ち後をイメージし、自分も家族も納得できるよう書いて。

【終末期・健康状態について】
 緊急入院した場合の連絡先や終末時の延命治療についての思いも、普段、家族で話し合う機会が少ないだけに書いておきたい。考えが変わったら、その都度書き直して。

【かかりつけ医や服用中の薬など】
 緊急入院した際などに、ひと目でわかるよう、血液型、かかりつけ医、アレルギーなどもすぐわかる裏表紙に明記しておけば、もしもの時に安心だ。

 一工夫として、記入後に個人情報の部分のみ、紙を上から貼ったりテープなどでしっかり閉じ、取り出しやすい場所に置いて。

 こうした情報が盛り込まれた「私ノート」。健康保険証やマイナンバーなどを記入することも出てくるため、取り扱いには充分注意が必要だ。

 死を迎えるにあたっての「エンディングノート」に関する講座を開く石崎公子さんは、死後の準備についてこう語る。

「健康保険証などは、入院時に現物が必要となるので、保管場所がどうしても見つからない場合に備えて、番号を記しておくと便利です。これら公的制度の加入証は、死後の事務処理のためにも必要な情報です。ただし、重要な個人情報なので、第三者が自由に中を読めないよう注意して」

 財産や資産、相続に関する情報は別ノートにまとめて金庫などに保管を。保管場所はまかせている人だけに知らせておけば、犯罪トラブルの危険から回避できる。

※女性セブン2016年1月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自分が死んだ後の希望を書いておく“もしものとき”ノート
「グーグルで調べたことと違う!」と医師に文句つける患者
エンディングノート用意の男 娘のブラ付けた経験も記述した

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP