ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『クリスタルファイヤー』工事不要で室内に本物の炎を燃やせる簡易デザイン暖炉を実際に使ってみた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
IMG_8621

工事も不要なら置き場所も自在、気になるすすも発生しないという、以前メーカー速報でもお知らせした室内用デザイナー暖炉『クリスタルファイヤー』の実物を借りることができたので、実際に試してみた。

家の中に本物の炎があるだけで人間の心は抜群に癒される

家の中で炎を燃やす=火事と考えてしまいがちな近年の日本人。もちろん欧米では暖炉という風習が根強く残っているが、それを日本の住宅事情で再現しようとすると、それこそ別荘でもなければ敷居が尋常でないくらい高い。

IMG_8528

そこでこの有限会社ドリームチーム(神奈川県横浜市)が運営のスマートライフ研究所による『クリスタルファイヤー』(S0041・希望小売価格 税抜14,800円・2015年11月18日発売)。1万円台で自宅リビングに小さな暖炉を作れるとしたら、それはもう夢のよう。でもこれは現実。

実際の商品が届いてみると結構大きめな箱。持つとそれほど重くないが。また開封してみると思ったよりはコンパクトな本体が現れる。なるほど、ガラス部分があるので、かなり厳重にパッケージして破損を防いでいるようだ。

IMG_8540

中から出てきたのは円筒形のステンレス本体と燃料を入れてセットするカップ状の容器。付属の燃料も缶入りである。右側にある棒状の板と円板は火を消すための道具。ネジで組み立てて使う。リング状の円板は火の勢いが強すぎる時にセットするんだとか。そして炎を中で燃やすためのガラスの円筒だ。

IMG_8543

燃料は普通の食用缶詰的にワンタッチオープン。中を見ると半固形物質が入っているのだが、これといって無臭。本体真ん中にそれをセットして火力調整リングも設置、

IMG_8551

さらにガラス円筒もセットしたくなるが、あくまで火をつけてからでないと上から着火しようとすることになり危険だとのことなので、まずガラス円筒をセットしない状態で着火。もちろん一切工事だの業者だのは関係がない。

IMG_8559

着火にはマッチ、もしくはチャッカマンが安全だと思う。火がついた瞬間は大して大きな炎ではなくて拍子抜け。チロチロしている炎を燃やしているところにガラスの円筒をかぶせる。これで完成。最初のうちは可愛らしいサイズの炎がチロチロと。しかし10分も経たないうちに激しさを増して、ガラス円筒ギリギリまで炎の勢いが増していく。

IMG_8576

思ったのと少し違うなと感じたのはその炎のチラチラ加減。結構短いスパンで点滅するように燃えるのだ。どちらかというと小洒落たCGのような趣き。それでも部屋の中に本当に燃えている炎があるというのは何とも素敵である。

そして住宅事情的に気になるのは、炎が燃えるときに発生するすす。天井や壁が真っ黒になってしまうのでは、これまた大問題。ところがこの『クリスタルファイヤー』の燃料は、主成分がジエチルグリコールでできている有害な煙や臭いを発しない特許取得の次世代燃料。

IMG_8591

不用意に倒してしまってもこぼれない非常に安全度の高い代物。何しろ消防庁の「非危険物」に認定された安全燃料なのである。ただデザイナーズ暖炉と言われると素直に「その通り!」と太鼓判を押せないのは、その小ぶりな大きさ。正確には小洒落たレストランのディナータイムでテーブルの上に乗せられるキャンドルライトをドカンと大きくしたものと考える方が適切だ。

IMG_8614

それでは実際の家庭の片隅で使うとどんな感じになるか、次ページで検証しよう。

雑然としたデスク周りが何やらイイ感じに見えてしまう炎マジック!

 

何はともあれ、これを使うと部屋が急に良い感じに見えるから不思議。例えばこうした雑然としたデスク周り。普通に電灯をつけていると大して変化はないが、

2FF29B22-7FAD-461D-9551-4F631890A6C9

こうして真っ暗にしてみたり、

IMG_7046-2

間接照明にしてみたりすると素晴らしくムーディーになる。片付けてないのに、雑然としたデスク周りが意味ありげな雰囲気を漂わしてくれるのだ。

IMG_7080-2

写真では一見カーテンの近くに設置してあって、消防局制作の火事発生イメージビデオのように見えるかもしれないが、ちゃんと距離は離してある。ただ実際に火力調整リングを外して最大火力にするとガラスの円筒のてっぺんから火が飛び出すくらいには火の手は激しい。

IMG_8620

パーティーシーンなどで効果的に使えば、かなりのサプライズを生むことができるだろう。ただ燃料の持ち具合だが、強火だと2時間、弱火だと3時間が連続使用の限界。ただ棒状の板に円板がくっついた消火ツールを使って燃料部分に蓋をすれば途中で消火も可能、再使用も可能なので程よく調整して長持ちさせたい。

IMG_8568

ちなみに専用ハイブリッド型燃料は1缶556円。2〜3時間でこれだけの本物の炎を使った演出できるならそれほど高くないと思う。

IMG_8635

パーティーシーンなら一番盛り上がるタイミングを見据えて火の手をあげれば好評確実。家族団欒のひと時にも恋人同士の雰囲気を盛り上げるためにもいろいろ使える上、いざという時の災害時の灯りとしても役にたつ。

IMG_8583

ただ暖房機能としてはあまり期待しない方がいいは思う。ガラス部分は熱くなるが、部屋全体を暖めるほどではない。それでも富豪気分を安価で実現できるこの室内用デザイナー暖炉『クリスタルファイヤー』。非常に魅力的な製品なことに間違いはない。

【スペック】
商品内容 :本体、消火プレート、火力調整リング、ハイブリッド型燃料、保管専用キャップ付き×1、取扱説明書
材質 : 耐熱ガラス、ステンレス
本体サイズ : (筒形ガラス部)直径16cm×高さ18cm×厚さ3mm、(ステンレス部)直径16.5cm×高さ12cm
本体重量 : 1.5kg
※専用ハイブリッド型燃料は追加販売有(1缶556円)

クリスタルファイヤー 室内用デザイナー暖炉 非危険物認定燃料対応
クリスタルファイヤー 室内用デザイナー暖炉 非危険物認定燃料対応

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。