体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジブリ狂の僕が感嘆した「魔女の宅急便」すぎるドブロヴニク

ジブリ映画の紅の豚や魔女の宅急便のモデルにもなっているクロアチア、ドブロヴニク。

映画に出てくるオレンジ色の街並と青い海に囲まれた街を一度は見てみたい!と思ったことありませんか?「アドリア海の真珠」と言われる街並は映画の世界そのまま!

そこで今回は自称ジブリ狂のぼくが、ポルコやキキの気分になってドブロヴニクを歩いてみました。

 

旧市街の散歩へ出発!

-0004 4082700901_1fee572139_b

photo by Tambako the Jaguar

ドブロヴニクに到着後は、世界遺産にもなっている旧市街を早速散歩してみました。旧市街を西から東まで結んでいるメインストリートのプラッツァ通りは朝から大賑わい。

歩いて暑くなればジェラートを食べ歩きし、疲れたらカフェに入ってちょっと休憩しながらゆっくり散策するのがおすすめです。

また、街をぐるっと囲む城壁は遊歩道になっており、オレンジ色の街並を見下ろしながら歩くことができる絶景スポットになっています。

 

思いきって路地裏へ飛び込んでみる

-0002 -0001

にぎわっているメインストリートからふと横に目をやると、好奇心をくすぐる路地裏を発見。

少し暗くて細い路地には民家だけでなくチーズやハム、オリーブなどを売っているお店が所狭しと並んでおり、思ったよりにぎわっている様子でした。

 

家の中からもの珍しそうにこっちを見ている少年とちょっとお話したり、狭いバーでおじいちゃん達とお酒を飲めるのも、現地の人の生活に密着している路地裏だからこそできること。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。