ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【これは便利】目的地の混雑状況が一目でわかる「混雑レーダー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これから向かおうとしている観光地の混雑状況、気になりますよね?場合によっては、目的地を変更したほうが満足度が高まることだってあるでしょう。でも、それって一体どう把握すればいいの?

そこで活躍するのが、「Yahoo!地図」アプリの機能「混雑レーダー」です!

混雑状況をYahoo!地図上に
ヒートマップで色分け!


この「混雑レーダー」は、混雑状況をヒートマップで色分けし可視化したもの。情報は早朝6時から深夜1時まで、20分間隔で更新。平常時とは異なるイベント開催時の混雑状況だって一目瞭然です。

たとえば、上は日本最大規模の花火大会である秋田県「大曲の花火」当日のデータ。15時頃から幹線道路を通り会場の河川敷に観客が集まる様子や、イベントが終わる21時30分頃から観客が帰っていく状況がよくわかります。

こちらは、某有名アーティストのオールナイトライブ当日のデータ。左上が会場ですが、21時の開演に向けて11時頃から続々と人が集まっていますよね。

ちなみに、掲載した2種類の混雑アニメーションは、説明用に加工されたもの。実際は、現在から過去3時間分の状況を確認できるのだそう。

では、気になる「混雑レーダー」の使い方を説明しましょう。まずは、以下の3つの方法で表示できます。

【表示方法】
①メニューから

②地図選択ボタンから

③ショートカットから

上のいずれかで「混雑レーダー」を表示した後、使用できる機能は2つ。

【機能】
①スライダー

現在だけでなく、過去3時間分の混雑状況を確認できます。

②再生ボタン

3時間前から現在までの混雑状況をアニメーションで再生可能。表示時間を任意の時刻へ移動している場合は、その時刻から現在までの状況を再生します。

さあ、あなたも「混雑レーダー」を上手く活用し、せっかくのお出かけを気持ちのイイものにしてくださいね!

Licensed material used with permission by ヤフー株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

旅行者7億人超え!中国の「渋滞」が想像を越えてた
六本木ヒルズで開催!「星空のイルミネーション」がロマンチックすぎる!
【世界初】クモの糸を使用した新素材を「THE NORTH FACE」が発表!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP