ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

究極の餃子としばしの別れを惜しむ / 昭和24年創業の餃子の老舗「銀座天龍」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

餃子
1050円

いま、時代の節目が訪れようとしている。昭和24年創業の餃子の老舗「銀座天龍」本店が、2016年1月11日をもって閉店するのだ。曽祖父の代から通っているという家族もいるほどの老舗であり、餃子業界に与えてきた影響は大きい。

・思い出とともに店頭に行列を作る
なかには「もう二度と天龍の餃子が食べられなくなってしまうのか」と思っている人もいるようだが、安心してほしい。本店が移転するための閉店であり、ほんの少しのお別れである。とはいえ、新店舗の開店日が2016年3月上旬とだいぶ先のため、多くの人たちが思い出を胸に秘めつつ、店頭に行列を作っているのだ。

・熟知したシェフと完璧なるレシピ
どうして昭和24年から現在に至るまで、客足が途絶えることなく愛され続けているのか? それは「大衆料理」としての餃子のセオリーを頑なに守り続けているから。どうすれば餃子という料理を美味しく仕上げられるのか? それを熟知したシェフと完璧なるレシピか存在するのだ。

・保水されている水分量が絶妙
「銀座天龍」の餃子は春巻きと思えるほど細長いのが特徴。片面が香ばしくキツネ色に焼けていながら、箸でつまむとクニャッとカーブを描いてしなり、ほどよく弾力を得ているのがわかる。もう片面は高温によって蒸されたソフトな感触。生地に保水されている水分量が絶妙で、食べた瞬間、生地の口当たりのよさに驚かされる。餃子としての完成度が極めて高いといえる。

・生地が旨味を強く含んでいる
食べるとパラッと広がりを見せる具。なにより生地が旨味を強く含んでいるので、具に勝るとも劣らないコクのあるテイストを体験できる。具は主役だが、生地も主役なのだ。

・調味料と出会う事で本領発揮
ちなみに、「銀座天龍」の餃子は最初から酢、ラー油、醤油を混ぜたたれで食べる事を強く推奨する。最初の一口目は何もつけないプレーンを楽しもうとする人がいるが、ここの餃子は調味料と出会う事で本領を発揮するタイプなのだ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2016/01/08/ginza-tenryu/

銀座天龍
住所: 東京都中央区銀座2-6-1
時間: 11:30~21:30 日祝11:30~20:30
休日: 無休
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002427/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP