体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

19歳で起業した元“ギャル社長”藤田志穂が気付いた「大人が本当にやるべきこと」

約10年前、ギャルに対する偏見やネガティブなイメージを払拭しようと「ギャル革命」を掲げて19歳で起業した、元“ギャル社長”の藤田志穂さん。現在は「ご当地! 絶品うまいもん甲子園」の発起人となり、全国の若者と“食”をつなぐ架け橋になっています。

藤田さんが農業から若者と“食”をつなぐ活動へと活躍の場を広げている背景には、自らの起業の経験や両親の存在から学んだ、「大人がやるべきこと」に対するある想いがあるそうです。

今回は、そんな元“ギャル社長” 藤田志穂さんの仕事観に迫ります。

f:id:tyo-press:20160105104408j:plain

ギャルだと万引きを疑う世間を見返したかった

——そもそも、どうして19歳のときに起業しようと思ったのですか?

当時はギャルっていうだけで白い目で見られていたので、「ギャルでもできるんだぞ!」というのを証明したかったんですよね。 そのためにはバリバリのキャリアウーマンになって、働けるところを見せるのがいいと思ったのですが、見た目がギャルなので就職できる場所が見つかりませんでした。履歴書を送っても、写真を見ただけで突き返されてしまうんです。f:id:tyo-press:20160105104602j:plain

”ギャル社長”と呼ばれた当時の藤田さん

うちは父親が自営業だったので、「これだけ世の中にはたくさん会社があるんだから、自分でも起業できるんじゃないかな」と思ったのが、起業を考えたきっかけです。「自分が当てはまる場所を探すより、自分で作っちゃったほうが早い」って。

しかも、自分が社長になってギャルの子たちが働ける環境を作れたら、周囲にとっても良いことになると思ったんです。

——ギャルだというだけで、偏見の目で見られたんですね。

当時の私としては、「普通にギャルのファッションが好きで、ギャル系の服を着ていただけなのに、なんで批判されなきゃいけないのかな」と納得できませんでした。

たとえば、お姉さん系のファッションが好きな人がお姉さん系の服を着ていても何も言われないのに、ギャルは派手だから先生からも怒られやすいし、薬局で化粧品を見ているだけで万引きを疑われるし。「世間を見返したい」という思いは強くありました。

——高校を卒業する前から、起業しようと思っていたのですか?

いや、起業を決めたのは、卒業してから1年後です。親から「卒業してフリーターになってもいいけど、1年間でやりたいことが何も見つからなかったら、とりあえず学校に行きなさい」と言われていたので、「早く何か始めないとヤバイ……!」って(笑)

今だったら、ネットですぐに仕事の情報も調べることができてしまうから、逆にいろいろ考えて踏み出せなかったかもしれないですけどね。当時は何も知らないからこそ起業できたというのはあったと思います。

1ヶ月で約300人と会うも「アポってなに?」

——起業してから、まずどんなことをしましたか?

1ヶ月で約300人の人に会いに行きました。知り合いの紹介だけでなく、飛び込みで行ったりもしていましたね。

受付で「アポを取ってから出直して来い!」と言われても、私は「アポって何?」って感じだったし、どう出直せばいいのかもわからなかったので、そこら辺を通りかかった人を捕まえて、「こういうことをやっているんですけど、担当の人を紹介してもらえませんか」と、お願いしたこともありました。

とにかくいろんな人に会って、自分の想いを聞いてもらうしか、できることがなかったので。本を読むよりも、実際にビジネスをやっている人に聞きに行ったほうが早いと思ったんです。

f:id:tyo-press:20160105104756j:plain
1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。