ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

数週間も眠り続けてしまう!?「眠れる森症候群」という奇病

  • ガジェット通信を≫

数週間も眠り続けてしまう!?

普段は健康な人と何も変わらない日常生活を送っているのですが、ある日突然、非常に強い眠気に襲われ、数日から数週間眠り続けてしまう病気があります。

「眠れる森症候群」

もしくは

「クライン・レビン症候群」

「周期性傾眠症候群」

とも言われるこの病気、いったどのようなものなのでしょうか。

一体、どんな病気なの?

眠れる森症候群は、睡眠障害の一種とされています。とても珍しい病気で、これまでに世界全体でも約1,000例ほどしか報告がありません。

特徴の一つは「周期性傾眠症候群」の名前にもある通り、異常に眠くなる時期を繰り返すことです。

個人差はありますが、1日16〜18時間程度寝続ける場合が多く、目が覚めても、ぼーっとしているような状態で、はっきりと覚醒しているわけではありません。長い人だと数日から数週間も眠り続けてしまうようです。

そして、この睡眠(傾眠)状態から覚めると異常な空腹を覚え、食べ過ぎるという傾向が見られます。

原因と治療法はまだ不明…

脳の一部に異常が出現することで症状が出るといわれていますが、現在のところはっきりとした原因はわかっていません。

治療方法もまだ確立されておらず、薬による治療が一般的です。自然に治ることが多いといわれていて、思春期に発症した場合には、大人になると自然と良くなることが多いとされています。

統計的には男性の方が多いと言われていますが(男女比は2:1と言われています)、思春期の女性にも見られることから「眠り姫」をイメージして、「眠り姫病」などと報道されることもあるようです。

関連記事リンク(外部サイト)

誰でも簡単に快眠を手に入れる方法!
あなたは大丈夫?「異食症」にご注意!
《奇行》佐田真由美 妊娠中、無性に土が食べたくなった

Doctors me
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP