ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一明るい「退職届」の出し方! コーラス隊を引き連れ「僕は辞めるよ」と歌い上げる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事を辞めたいと思っても、それを上司に伝えるのは億劫なもの。「次はどうするの?」と根掘り葉掘り聞かれたり、しつこく引き留められたりすることを想像すると、「面倒だからこのままでいいか」と思ってしまいます。

しかし世界には、そんな場面を明るく演出する方法を思いついた人がいます。シカゴ在住のフィルさんは、バリスタとして3年勤務したコーヒーショップを辞める際、上司に「歌の退職届」を使って辞意を伝えることにしました。
「ここの仕事は好きだけど、新しいキャリアを始めなきゃ!」

その日、彼は黒の三つ揃えスーツに赤いポケットチーフを差し、オレンジ色のジャケットを着た5人組の黒人コーラス隊を引き連れて店を訪れました。そしておもむろにスタッフやお客にあいさつをし、「今日はみなさんに言いたいことがあります」と宣言します。

あっけに取られる観客たちをよそに、フィルさんは「Hit it!(演奏を始めるよ!)」と声をあげ、コーラス隊とともに踊りながらこんな歌を披露したのです。

僕は今日、仕事を辞めるよ、ヘイヘイヘイ! 僕は辞めるよ!
(I am quitting this job today hey hey hey I’m leaving.)
ここの仕事は好きだけど、新しいキャリアを始めなきゃ!
(Even though I like it here. Gonna start a new career.)
トップを目指し、自分のコーヒーショップを始めます!
(Gonna make it to the top and start my coffee shop.)

美しいハーモニーが店内に響き渡り、フィルさんも素晴らしい歌唱力です。店内は思わず笑いに包まれ、2人のボスは口をポカン。あまりの賑やかさに、窓越しに覗く通行人もいます。最後にフィルさんが「僕は辞める!」と聖歌のように熱く歌い上げると、そのパフォーマンス力に店内には割れるような拍手が沸き起こりました。

この様子は、全米で放映される朝のテレビ番組「スティーブ・ハーベイ・ショー」で取り上げられ、この動画自体も番組で放送された様子を紹介したもの。YouTubeの公式動画は200万回以上も再生されています。

視聴者は「面白い仕事の辞め方だ」と喜び、上司も拍手をしていたとして、「その日のうちに(フィルの)後釜が見つかりそう!」という人も。退職したての人からは「今日、僕が仕事を辞めるときに、彼らがいたらよかったのに…」というコメントもありました。退職というと空気が重くなりがちですが、こんな方法ならみんなに祝福されそうです。

あわせてよみたい:上司に退職届を破られたに同情の声
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP