ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei Mate 8のグローバルモデル「NXT-L29」と「NXT-L09」はFOMAプラスエリアに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei が Mate シリーズの最新モデル「Mate 8」の製品ページをグローバル向けサイトで公開し、グルーバルモデルが FOMA プラスエリアに対応するなど、国内への周波数帯を広くサポートしていることが判明しました。製品ページに掲載されているグローバルモデルはデュアル SIM の「NXT-L29」とシングル SIM の「NXT-L09」の 2 モデルです。両モデルの周波数を見ていくと、GSM(850 / 900 / 1,800 / 1,900MHz)WCDMA(B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19)(NXT-L29)FDD-LTE(B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26)、TD-LTE(38 / 39 / 40)(NXT-L09)FDD-LTE(B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28)、TD-LTE(38 / 39 / 40)また、それぞれに用意されているモデルを見ていくと、NXT-L29:3GB RAM + 32GB ROM、4GB RAM + 64GB ROMNXT-L09:3GB RAM + 32GB ROMどちらも FOMA プラスエリアに対応していますが、LTE の対応状況を考慮すると、日本に投入されるのはシングル SIM の NXT-L09 と予想されます。Source : Huawei

■関連記事
HTC、「HTC One M9」の台湾モデルにAndroid 6.0へのアップデートを配信開始
Xiaomi、新しい低価格スマートフォン「Redmi 3」を来週発表
Sony Mobile、12台のXperia Z5 Compactで撮影した“48K”の360度パノラマ動画を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。